紙の月紙の月

©2014「紙の月」製作委員会

紙の月

平凡な人生を送る主婦がなぜ?
それはたった1万円からはじまった巨額横領事件
感情を揺さぶるヒューマンミステリー

バブルがはじけて間もない1994年、銀行で働く平凡な主婦・梅澤梨花は仕事への取組や周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、顧客の預金を使い始めてしまい……。
『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。監督は、『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八。年下の恋人との快楽におぼれ転落していくヒロインの心の闇を、宮沢りえが体現する。

豊劇スタッフ作品紹介

犯罪や不倫が描かれているので、“女のゲスい欲望”みたいな、いかにもドロドロしたお話なのかなと思いきや、観終わった後はとても爽快感を感じます。日常から狂気の世界に何故彼女は進むのか?
人間ってやっぱり奥深い事を再認識させられます。宮沢りえさんの美しさを是非大画面で!

予告編はこちら

製作/国:2014/日本
配給:松竹
監督:吉田大八
出演:宮沢りえ 池松壮亮 大島優子他
時間:126分

公式サイトをCheck→