海にかかる霧海にかかる霧

©2014 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & HAEMOO Co., Ltd. All Rights Reserved.

海にかかる霧

『あの日、海の上で起こったことは、誰にも話してならない。』

2001年に実際に起きた「テッチャン号」事件を映画化。

「殺人の追憶」ポン・ジュノ監督の初プロデュース作品。

不法移民、密航船、悪天候、そして切羽詰まった船長と狂気。

豊劇スタッフ作品紹介

当劇場の最高顧問・映画評論家塩田時敏氏の推薦映画!実話に基づく舞台作品「海霧(ヘム)」を映画化したもので、「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」等でその迫力ある映画製作に定評があるポン・ジュノ監督の製作ですから、非常に緊張感とサスペンス性のある映画なんです。大量の雨にが降り注ぐ中、深い海の上に浮かぶ小さな船の上で一体何が起きたのか?不法移民を密輸することになった漁船の船長とその船員が繰り広げる群像劇は、壮絶な状況下で起こる人間の本性と狂気の姿を見事に描いています。そして、最後は!、彼女はどうなるんだ!は、劇場にてご確認ください!!!

予告編はこちら

製作/国:2014/韓国
配給:ツイン
監督:シム・ソンボ
出演:キム・ユンソクカン・チョルジュ パク・ユチョンドンシク ムン・ソングンワノほか

時間:111分

公式サイトをCheck→