豊劇シンポ

 

《主催者より》

 今、地方で暮らすことの価値が問われています。地方から若者の流出が続き、巨大に増幅した年での生活も3.11震災を期にその価値観にも綻びが生じています。そんな時代に我々のように豊岡中心市街地に暮らす人々と、その生活には今後、何が求められ、何が可能なのでしょうか。

 民間企業の活力を最大限に活かし、地域の行政や団体とも情報を共有し、互いに助け合う形で、豊岡中心市街地の再生は可能なのでしょうか。

 地域コミュニティ間の意見を取りまとめ、ともに何を考え、誰が何を実行していくのか。豊劇にてディスカッションしてみませんか。

豊岡劇場/有)石橋設計 代表取締役 石橋英彦

 

《概要》

【日程】11月29日(日)

【場所】豊岡劇場 大ホール(兵庫県豊岡市元町10−18)

【主催】CINEMACTION豊劇-豊岡劇場-

【協力】兵庫県中小企業団体中央会

【後援】兵庫県立大学/豊岡市

 

【料金】

上映/基調講演/パネルディスカッション:無料(要予約)

+交流会(シンポジウム後):3,500円(軽飲食付/要予約)

【スケジュール】

13:00 – 14:30 文化庁/文化記録映画優秀賞受賞作品「未来をなぞる 写真家・畠山直哉」上映

15:00 – 15:30 基調講演/兵庫県立大学 経営学部教授 西井進剛氏

15:30 – 17:00 パネルディスカッション「豊岡に今、何が必要かを問う」

17:15 – 19:00 交流会

【ご予約・参加方法】

1.電話/メールでのご予約

2.予約フォームからのご予約

3.当日ご来館からの参加

【駐車場について】

豊劇の駐車場には数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関でお越し下さい。

【お問い合わせ先】

豊岡劇場電話/0796-34-6256

メール/info@toyogeki.jp