ヤクザと憲法 ヤクザと憲法

(C)東海テレビ放送

ヤクザと憲法

3/5 – 3/18

実録でなくて、これは本物。ヤクザの世界でキャメラが回る!

暴力団対策法から20年。「社会」の淵が見えてきた。

ヤクザと人権をめぐる、東海テレビドキュメンタリー第8弾。

社会と反社会、権力と暴力、強者と弱者…。こんな映像、見たことない!?

作品紹介

脅威」を排除するためなら、ちょっとくらい憲法に触れたって、、「怖いものは排除したい」。気持ちはわかる。けれど、このやり方でOKなのだろうか?暴力団対策法、暴力団排除条例が布かれ、ヤクザは全国で6万人を割った。この3年で2万人が組織を離脱した。しかし数字だけでは実態はわからない。ヤクザは、今、何を考え、どんな暮らしをしているのか? 大阪の指定暴力団「二代目東組二代目清勇会」にキャメラが入る。会長が15年の実刑判決を受けた殺人事件は暴対法のきっかけだとも言われる。組員の生い立ちとシノギ、部屋住みを始めた青年と実の子のように可愛がるオジキ、そして、組員の逮捕、家宅捜索の瞬間がやってくる…。会長は「ヤクザとその家族に人権侵害が起きている」と語りはじめた。
「脅威」を排除するためなら、ちょっとくらい憲法に触れたって、、「怖いものは排除したい」。気持ちはわかる。けれど、このやり方でOKなのだろうか?ヤクザと人権…。一体、何が、起きているのか?

予告編はこちら

製作/国:2015年/日本
監督:土方宏史
製作:阿武野勝彦
時間:96分

公式サイトをCheck→