写真表現の最前線で活躍する写真家・畠山直哉。「都市と自然」をテーマに、様々なコンセプトの作品を発表し、世界で注目されている日本人写真家だ。
ところが2011年、故郷・陸前高田拓哉を東日本大震災が襲い、実家が流され母は亡くなってしまう。
写真家はこの体験とどう受けとめ、また作品はどう変化してきたのか?
写真家の創作の現場に迫った、このドキュメンタリー映画の1日限りの上映を行います。
上映後には、主人公の畠山直哉さんと畠山容平監督、聞き手に「疾駆/chic」編集長の菊竹寛さんをお迎えし、トークイベントを開催します。

2016.3.27 (sun)
14:30 open / 15:00 start
at VACANT
入場料:1,500円

ゲスト:
畠山直哉(写真家)
畠山容平(映画監督)

聞き手:
菊竹寛(「疾駆/chic」編集長)

予約:http://www.vacant.vc/(VACANT)

主催:HUTU、プレイタイム

【映画概要】

写真家・畠山直哉。石灰石鉱山や炭鉱、密集したビルの隙間を流れる川や都市の地下空間を写した写真など、自然と人間の関係を緻密に構成した作品で知られている。2001年にはヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表の1人にも選ばれた世界的に活躍する写真家だ。そんな畠山は、東日本大震災で岩手県・陸前高田市の実家が流され、母を亡くした。それからというもの頻繁に故郷に戻り、変貌する風景を撮影し続けている。本作は畠山のこれまでの仕事に加え、写真家がどう震災と向き合って来たか?その2年間を総括的に追ったドキュメンタリーである。

http://www.mirai-nazoru.com/

2015年/87分/日本

監督、撮影、編集:畠山容平 音楽:港大尋

整音:小川武 編集技術:尾尻弘一

製作:「未来をなぞる 写真家・畠山直哉」製作委員会