ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ
Photo: Marc Brenner (c) GENIUS FILM PRODUCTIONS LIMITED 2015. ALL RIGHTS RESERVED.
© GENIUS FILM PRODUCTIONS LIMITED 2015. ALL RIGHTS RESERVED.

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

1/14- 2/3

傷ひとつ残らないなら、真の友情とは言えない。

カリスマ編集者と天才作家。名作誕生の裏側にかくされた、友情と闘いを描く感動の実話。

コリン・ファース×ジュード・ロウ×ニコール・キッドマン 3人の名優が共演。

作品紹介

「武器よさらば」「老人と海」のノーベル賞作家アーネスト・ヘミングウェイと、村上春樹の新訳やレオナルド・ディカプリオ主演、バズ・ラーマン監督による映画化で近年再び話題となった「グレート・ギャツビー」のスコット・F・フィッツジェラルド。今では偉大な作家と称えられる二人を全く無名だった時代に発掘し、会社の上層部の反対を押し切って出版したというカリスマ編集者マックス・パーキンズ。パーキンズは土に埋もれた原石を発掘し、的確な助言で磨き上げるだけでなく、悩める作家たちの人生の心優しい伴走者だったことでも知られている。

そんなパーキンズが、最もその作品に感銘を受け、才能を信じた作家が、トマス・ウルフだった。1938年に37歳で亡くなるまで、アメリカでは大変な人気を博し、現在でも20世紀前半を代表する作家として愛され続けている。

本作で描かれる、ベストセラー小説の編集をめぐり二人に生まれた父と息子のように惹かれ合う運命の絆は、アメリカ文学史上類まれなエピソードとして現在も語り継がれている。

ストーリー

ある日、編集者パーキンズの元に無名の作家トマス・ウルフの原稿が持ち込まれる。
彼の才能を見抜いたパーキンズは、感情のままに、際限なく文章を生み出すウルフを支え、処女作「天使よ故郷を見よ」をベストセラーに導く。そして更なる大作に取りかかるふたりは昼夜を問わず執筆に没頭。パーキンズは家庭を犠牲にし、ウルフの愛人アリーンはふたりの関係に嫉妬し胸を焦がす。やがて第二作は完成し、またも大ヒット。その一方で、ウルフはパーキンズ無しでは作品を書けないという悪評に怒り、二人の関係に暗雲が立ち込める。果たして、立場を超えて生まれた二人の友情の行く末は-?

予告編はこちら

製作/国:2016年/イギリス・アメリカ合作
監督:マイケル・グランデ―ジ
出演:コリン・ファース ジュード・ロウ ニコール・キッドマン ガイ・ピアース
時間:104分

公式サイトをCheck→