レミニセンティアレミニセンティア
(C)INOUE VISUAL DESIGN

レミニセンティア

3/25 – 4/7

但馬出身監督が作った映画「レミニセンティア」

日本映画史上初

日本人監督が描くロシアSF感動作

作品紹介

レミニセンティア=記憶の万華鏡
忘れたい記憶がありますか?取り戻したい記憶はありますか?あなたの記憶は真実ですか?
記憶をテーマに日本人監督がロシアに渡り、ロシアSF映画を作り上げた。
記憶を消すことのできる父と絵が大好きな娘、父は悩める人々の記憶を消し、その記憶で小説を書いていた。
しかし、ある日、愛する娘との思い出が消えている事に気づく。
忘れたい記憶と取り戻したい記憶、果たして記憶に翻弄される人間の存在とは何なのか?
今作は哲学的なテーマを持ちつつも、エンターテイメント作品に仕上がっている。
この作品はなんと自主映画、監督自ら脚本、撮影、編集を兼ね、日本の自主制作映画の限界にも挑んだ。
自主制作のため出資が日本ということになり、日本映画に分類される。日本映画史上初めてのロシアSFということで注目を浴びている。
監督の井上雅貴は、アレクサンドル・ソクーロフ監督の映画「太陽」のメイキング監督を務め、その時ロシアの映画撮影を学んだ。
初監督だったが、映画を作るならスケール感のある作品を作りたいという監督の熱意と、今まで培った映画製作のノウハウにより、商業映画に匹敵するクオリティの作品が出来上がった。
今作はロサンゼルスシネマフェスティバル オブ ハリウッドで主演男優賞、監督賞、長編作品賞など主要部門を受賞、ハリウッドの人々に受け入れられたことがこの物語が全世界の人々に伝わる作品であることを証明している。
撮影場所はモスクワからさらに300km離れた古都ヤロスラブリ。
黄金の輪と呼ばれる歴史的な建造物が立ち並ぶ街でありながら、旧ソ連時代は工業地帯だった街。
娘以外の役者達は、実際にこの街に住む役者達。ヤロスラブリ劇場に所属し、ソ連時代から演技を学ぶ本格的な役者達がこの映画のテーマを感じ取り出演してくれた。
映画に出てくる不思議な建物の一つは、宇宙記念館、世界初の女性宇宙飛行士、ワレンチナ*テレシコワの記念館である。日本の映画では初めて撮影に使用された。
映画は現実ではなく虚構の世界、現実とは記憶による曖昧なもの。美しい映像と様々な仕掛けの物語があなたの脳を刺激する。

予告編はこちら

製作/国:2016年/日本
監督:井上雅貴
出演:アレクサンダー・ツィルコフ、井上美麗奈、ユリア・アサードバ、ほか
時間:89分

公式サイトをCheck→