先月の大雪がウソのような最近の天気☺️3月に入ってようやく温かくなってきましたねー もう春は目前!

 

3月といえば出会いと別れの時期

 

そんな心ざわつく季節、明日3/4からは【ショコラ】〜君がいて、僕がいる〜が公開となります! 是非チェックしてみて下さい

 

 

 

 

 

舞台は今から100年以上も前のフランス。

とあるサーカス団で結成された黒人と白人の二人の芸人のお話し

 

 

この時代、有色人差別というのは強烈なものでこの物語の主人公である黒人芸人ショコラも勿論例外ではなかった

 

 

黒人というだけで蔑んで扱われる様子が生々しく何気ない描写からも容易に理解する事ができる

 

 

 

しかし白人のピン芸人フェテイットはこのショコラに惚れ込み、見事な発想の逆転で(今で言うイジリ芸しかも相当ブラックな、、) 二人はトップ芸人へと登り詰めていく

 

 

 

 

 

“僕らはふたりで一つ” というような文句から割と爽やかな友情物語と思いきやそうではない

 

 

 

【ショコラ】と《フティット》

 

 

ビジネスパートナーであり友情も差別意識すらも超えた熱い何かで繋がれた二人

 

しかしながら正反対の二人の性格、人間性により少しずつ生じるズレ。それでも彼らにしか分かり合えない嫉妬心やリスペクト、そういった繊細な心の動きからネタシーンでのダイナミックに躍動する2人の身体表現の高さ。演技の素晴らしさ

 

 

 

俳優人が本当に魅力的!

 

 

特に白人芸人フェテイットを演じるのはあの喜劇王チャップリンの実の孫‼️

 

 

 

 

仮に、ショコラではなくフェテイットに焦点を当てた物語でもまた面白いんではないかと思ったり、、、 是非それぞれの気持ちになってご覧を。。

 

 

 

ショコラを演じるオマール・シーも素晴らしいが彼ジェームス・ティエレの身体表現は素晴らしい。見事な道化を演じています

 

 

 

 

 

この手の差別問題、弱者をテーマにした物語、こういう映画を観て自分との”違い”や”多様性”を知ろうとする事は例えその違いに理解できなくともとても重要な事に思う

 

世の中は必ず強者と弱者に分かれる

 

 

こういった物語には必ず”手を差し伸べてくれる誰か”が出現する。現実の世界でもそう違いはないのかも知れない。と一筋の光が差し込み希望を持たせてくれる。

 

 

 

 

 

この映画はお笑い、芸人という誰にでも判る明瞭な設定から、差別問題という未だ無くなる事のない非常に根深いテーマを、改めて我々に考えさせる優れたエンターティンメント作品なのである

3/3 タム

#豊劇 #豊岡劇場 #兵庫県 #映画館 #ムービー #映画 #但馬 #豊岡 #ショコラ #オマールシー #ジェームスティエレ