さあ、4月も後半戦突入!新しい環境、仕事にも少しずつ慣れてきた頃でしょうか⁇👀 疲れた時はたまに映画を観るなんてのも悪くありませんよぅ〜⭕️

 

 

 

本日よりティム・バートン監督最新作、【ミスペレグリンと奇妙なこどもたち】が上映開始となります!

2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

 

 

 

 

ティム・バートンといえば《シザーハンズ《チャーリーとチョコレート工場》。今回もそんなダークでファンタジーな世界観は健在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人形などにいのちを与える能力 イーノック

 

 

 

 

 

胃の中で蜂を飼いそれを操れる ヒュー

 

 

 

 

 

予知夢を映像として映せる ホレース

 

 

 

 

 

いたずら好きな透明人間 ミラード

 

 

 

 

 

真っ白な服に身を包んだミステリアスな双子(能力はあえて書きません)

 

 

 

 

 

風船のようにフワフワと浮き上がっていく体質を持つ エマ

 

 

 

 

 

あり得ない怪力の持ち主 少女ブロンウィン

 

 

 

 

 

植物を自在に成長させることが出来る フィオナ

 

 

 

 

 

後頭部にエゲツない歯のついた口を持つ クレア

 

 

 

 

 

指先から血火を出し操る オリーヴ

 

 

 

 

と個性豊かな面々が特殊能力を駆使してストーリーを盛り立てていきます。

DF-12584 – The residents of MISS PEREGRINE’S HOME FOR PECULIAR CHILDREN ready themselves for an epic battle against powerful and dark forces. Left to right: Enoch (Finlay Macmillan), Emma (Ella Purnell), Jake (Asa Butterfield), Hugh (Milo Parker), Bronwyn (Pixie Davies), the twins (Thomas and Joseph Odwell), Claire (Raffiella Chapman), Fiona (Georgia Pemberton), Horace (Hayden Keeler-Stone), Olive (Lauren McCrostie), and Millard (Cameron King). Photo Credit: Jay Maidment.

2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

 

 

 

 

 

 

そしてそんな彼等の面倒をみるのが寮母さん的な⁇存在 である、ミスペレグリン

DF-15506 – Miss Peregrine (Eva Green) demonstrates one of her many time-bending talents to Jake (Asa Butterfield) and Fiona (Georgia Pemberton). Photo Credit: Jay Maidment.

2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

 

 

 

 

 

 

彼らは一般的に人とは違う特徴を持ち、世間からはみ出た存在。フリークスでありマイノリティな存在である。

 

 

 

 

 

 

今作が今までの作品と決定的に違うのは、自らの心の内側に閉じこもるのではなくそのベクトルを外へと”開放”。各々の能力を最大限に連携させ、止まっていた時計の歯車を動かし始める、そんなポジティブさ、心にスッと光が射すような温かさが感じられるところにある。

 

 

 

 

 

世間から負い目を感じひっそりと生きて行かざるを得なかったこどもたちが団結して悪と闘う姿に我々は最大のカタルシスを得る事が出来るはずです。

 

 

 

 

 

いままでも少数派や世の弱者にを常に寄り添うような作品を描いてきたティム・バートン監督。

 

 

 

今作でまたしても自身の傑作ファンタジーの更新に成功している☺︎

4/22 キタムラ