あたらしい野生の地 リワイルディングあたらしい野生の地 リワイルディング

あたらしい野生の地 リワイルディング

7/29~8/11

まるで、動く生きもの図鑑。

オランダで70万人を動員した奇跡の自然保護区を追った、地球再生のドキュメンタリー

作品紹介

野生では絶滅した動物種を再び野に放つことで、その土地の生態系を復元しようとする「リワイルディング(再野生化)」を成功させたオランダの自然保護区を取材し、そこで暮らす動物たちの1年間を美しい映像でつづったドキュメンタリー。オランダの首都アムステルダムから50キロの海沿いに位置する小さな自然保護区「オーストファールテルスプラッセン」。1960年代に干拓事業を行ったものの失敗し、そのまま人々から忘れ去られていたこの土地には、わずか45年で命の宝庫ともいえる野生の王国が築きあげられていた。なかでも、リワイルディングの試みとして放たれたコニック(馬)たちは、人間の介入の外でこの土地に適応して順調に繁殖し、現在では2000頭を越える数が確認されている。人間たちが手放した土地で生態系が回復していく過程をつまびらかにすることで、自然と人間との新しい関係性を模索していく。

予告編はこちら

製作:2013年 オランダ
監督:ルーベン・スミット、マルク・フェルケルク
上映時間:97分

公式サイトをCheck→