いよいよ5/6より本年度アカデミー賞6部門を獲得した話題のミュージカル映画ラ・ラ・ランドが上映開始となります!

 

c 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 

 

 

今作でメガホンをとったのはデイミアン・チャゼルという32歳の若き監督

 

 

 

そうあのクレイジー熱血スポ根映画『セッション』の監督なのです

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながらセッションとはある種真逆に位置する本作

 

 

 

 

ずばりゴージャスでロマンチック、ビターでスウィートな大人の恋愛ミュージカル映画の”最高峰”だと言いきりたいくらいに酔わせてもらった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭シーンから、これぞミュージカル映画‼️と言わんばかりのド派手な幕の開け方(ココでミュージカル映画ファンはガッツリ心鷲掴みにされる事でしょう)個人的には”いやなんでやねん”、、と呟いてしまったのだけどそんな野暮なツッコミをも笑顔に変えてしまうほどの圧巻の演出、音楽

 

 

 

 

 

 

主人公は女優の卵 エマ・ストーン演じる”ミア”  そしてジャズを愛するピアニストの”セブ”

c 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 

 

 

二人は共に自分の目標に対して苦悩、葛藤していく。

 

 

 

その中で不器用な2人はすれ違いながらもお互いを鼓舞しあいながら次第に恋に落ちていくのです

 

 

 

 

もどかしいんだけど応援したくなる感じがなんとも絶妙で非常に感情移入しやすい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな2人の物語は途中まで良くある感じで展開していきます(それはそれで良いのだけどね)

 

 

 

 

しかしラストの展開は観ている我々のハートをグッと鷲掴みにする事間違いありません。(素晴らしいラスト10分にどうぞふるえてください!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人の恋の行方も勿論見どころではあるのですがミュージカル映画には欠かす事の出来ない”音楽”もやはり今作の注目すべきポイントでしょう🎵

 

 

 

 

 

 

 

本作はミュージカル映画でありながら、ストーリー部分と歌の部分が非常に滑らかに行き来するところがとても自然で心地良く感じられる。(ありがちなワザとらしさが感じられない!)なのでミュージカル映画はチョットねー、、と敬遠されている方も楽しめるのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

ヴァラエティに富んだ劇中曲も言わずもがな、個人的に注目したい点はあのR&B界のスター、グラミーシンガーのジョン・レジェンドが楽曲提供と、なんと役者(キース役)として参加しているところ!(ファンなのです)
レジェンド自身が歌う劇中曲”START A FIRE” 夕暮れ時に歌われるシーンが印象的な”CITY OF STARS”と良曲多し!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただのミュージカル映画ではない 軽い気持ちで観たけどいい意味で裏切られた。

 

c 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 

 

 

この映画は一言で表すなら”人生賛歌”

 

 

 

 

うまくいかなくったって人生すてたもんじゃないんだよ

 

 

 

 

2人の運命が、華麗な音楽が、美しい背景がそういってくれてるように感じます

 

 

 

 

 

 

 

映画って良いなぁ〜  シンプルにそう思える作品って久しぶり。

 

 

 

 

 

 

 

魔法にかかったような2時間でした。幸福⭐️

 

5/5 北村