ロスト・イン・パリロスト・イン・パリ
©Courage mon amour-Moteur s’il vous plaît-CG Cinéma

ロスト・イン・パリ

10/14-10/27

ジャック・タチのエスプリを継ぐ

アベール&ゴードンが鮮やかに描く

さえない大人たちの 世にも楽しい夏のどたばたパリ巡り

作品紹介

製作・監督・脚本・主演をこなしたのは道化師カップル、アベル&ゴードン。かつて『アイスバーグ!』(05)、『ルンバ!』(08)で“ジャック・タチの後継者”との賛辞を得、世界中で絶賛された。本作ではその表現力に磨きがかかり、細部まで凝ったカラフルな映像美に、あっと驚く仕かけが散りばめられている。魅力的なキャラクターたちが繰り出すシーンの数々は、まるで“飛び出す絵本”のよう。絶妙な振り付けと選曲センスが光るダンスシーンに踊り出したくなること間違いなし!おばマーサを演じたのは『愛、アムール』(12)のエマニュエル・リヴァ。惜しくも今年1月に89歳で逝去したが、本作ではコメディエンヌとして不滅の輝きを放っている。

雪深いカナダの小さな村、さえない日々を送る図書館司書フィオナ。ある日、パリに住むおばマーサから助けを求める手紙が届き、臆病者のフィオナは勇気をふり絞って旅に出る。ところがアパートにマーサの姿は見当たらず、セーヌ川に落ち所持品全てを失くす大ピンチ!おまけに風変わりなホームレスのドムにつきまとわれて…。いったいマーサはどこに?!夏のパリを舞台に、愉快なオトナたちが小さな冒険を繰り広げる!わくわく楽しく、遊び心たっぷりのコメディが誕生した。

製作:2016年 フランス・ベルギー
監督・脚本 ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン
演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル
出演: フィオナ・ゴードン、ドミニク・アベル、エマニュエル・リヴァ、ピエール・リシャール
上映時間:83分