フェリシーと夢のトウシューズフェリシーと夢のトウシューズ
© 2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.

フェリシーと夢のトウシューズ

10/7~10/27

『最強のふたり』の製作陣、

『カンフー・パンダ』のアニメーター、

パリ・オペラ座の芸術監督が、誰もが共感するドラマに美しい魔法をかけた!

作品紹介

日本でも16億円を超えるヒットとなった『最強のふたり』のプロデュ―サー・トリオが初めて挑んだ、感動のアニメーション。
19世紀末のパリを舞台に、施設に暮らしていた少女が憧れのバレリーナになるために新しい世界に飛び込む姿を生き生きと描く。
ヒロイン・フェリシーの声を、土屋太鳳が担当。振り付けをパリ・オペラ座バレエ団の芸術監督オレリー・デュポンらが手掛ける。
19世紀末のフランス。ブルターニュ地方の施設で生活しているフェリシーは、バレエを習ったこともないのにバレリーナに憧れを抱いていた。ある日、発明家になりたい親友ヴィクターと共に、施設を抜け出してパリへ向かう。ヴィクターとはぐれてしまったフェリシーだったが、偶然にもオペラ座を発見。オペラ座の清掃作業員をしている元バレリーナと出会い、何人ものライバルとしのぎを削りながら、フェリシーは舞台に立つことを目指す。

製作:2016年 フランス・カナダ合作
監督:エリック・サマー エリック・ワリン
脚本:キャロル・ノーブル、エリック・サマー、ローラン・ゼトゥンヌ
振付:オレリ―・デュポン、ジェレミー・ベランガール
吹替え版キャスト:土屋太鳳(フェリシー) 黒木瞳(オデット) 花江夏樹(ヴィクター)/熊川哲也(メラントゥ)/夏木マリ(ル・オー夫人)
上映時間:89分
【日本語吹替え版での上映】