今週8/12(土)から、1週間限定で、1日1回15:30から、『野火』の上映をします。
今年で、公開されてから3年目になります。
なぜ3年目にまた上映をするのか??


© SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

塚本晋也監督は、今回は残念ながら豊劇にお越し頂くことは叶いませんでしたが、
3年目の『野火』を劇場に観に来てくださるお客様に向けて、メッセージを頂いております。
その動画を、劇場ロビーで流しています。

塚本監督からの熱いメッセージの内容は‥。
————————————-
今年も劇場での上映、ありがとうございます。

戦争の被害者としての悲劇、加害者になるという恐怖、
飢餓状況に追い込まれたら、自分の身体にわいたウジまで食べるくらいの精神状態になること。
味方の兵隊を食べることが普通になってくる、
そいういうことがこの作品を通してよく分かった。

体験者が亡くなりいなくなることに恐れを感じ、作った作品。
体験者にたくさんお話を聞いた。

このような体験をした方たちは、この体験は秘密にして墓場にもっていく。
戦後70年という節目だけでなく、
毎年、もっともっと強く振り返らないといけないことだ。
今後もずっと観てもらいたい。
劇場の映像、音響で体感してもらいたい。

今回は映画の準備があり、劇場に行って話ができず、申し訳ありません。
——————————————–

塚本監督のお顔が見える3年目のメッセージと『野火』を、
劇場に観にお越しください!

上映スケジュール

上映スケジュール

『野火』

野火