第二次大戦時、ドイツと英仏連合軍の電撃的な戦い”ダイナモ作戦”を展開。史上最大の救出作戦ダンケルクの戦いを描いた戦争映画。『ダークナイト』シリーズや『インセプション』(2010)、『インターステラー』(2014)などで知られる映画監督、鬼才クリストファー・ノーランの最新作『ダンケルク』が公開です。息もつかせぬ戦闘シーン、極限の緊張状態、徹底的にこだわり抜かれたリアルな映像を是非劇場でお楽しみください‼️ これは”観る”のではない、”体験”する映画なのです!!!

 

 

///////////////           //////////////////                                    /////////////////////

 

第二次世界大戦における史上最大の撤退作戦として知られる「ダンケルクの戦い」、通称「ダイナモ作戦」を題材とした本作、豪華なキャストや撮影方法などとにかくクリストファー・ノーラン監督の情熱、こだわりが強い(すぎる??)作品となっています
///////////////////////                              //////////////////////////                      ///////////////////

 

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

 

 

 

 

 

ポイント1

クリストファー・ノーラン初の史実に基づく映画

『ダンケルク』は、ノーラン監督にとって初めての戦争映画であり、史実に基づく物語です。実際の戦闘は、1940年の5月26日から6月4日にわたってフランスのダンケルクで行われました。

背景には1939年のナチス・ドイツによるポーランド侵攻から、1年足らずで北フランスまでを制圧した電撃戦があります。イギリスの首相ウィンストン・チャーチルがイギリス海外派遣軍とフランス軍合わせて35万人の救出を命じ、「ダイナモ作戦」として発動されました。

これまでオリジナル脚本や、小説・コミックを原作とした映画を制作してきたノーラン監督にとって、初めての歴史映画となります。

 

/////////////////////////////                              //////////////////////////                          //////////////

 

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

 

 

 

 

ポイント2

 実際に戦闘があった場所で撮影を敢行

撮影は、歴史上実際に撤退作戦が行われた場所で撮影されました。撮影時のコードネームは”ボーデーガ湾”だったそうで、これは実際にアメリカにある地名をもとにしています。
5.本物の軍艦を使ったこだわりの映像に注目!

海での戦闘シーンでは、普通なら軍艦をCGで表現するところですが、ノーラン監督のこだわりにより本物の軍艦を使って撮影されました。

フランスの大型軍艦マイレ・ブレゼを使い、500万ドルのアンティークの飛行機にIMAXカメラを取り付けて戦闘シーンを撮影したそうです。
大人数の軍隊を撮影するのもCGを使うのを避けるため、1500人のエキストラと厚紙を切り抜いた兵士と乗り物の小道具を使い、33万3000人の軍隊に見せるという方法を使ったようですΣ(・□・;)

 

 

IMAX70mmフィルムとは、現在のデジタルに勝る唯一の解像度を誇るフィルム・フォーマットです。この方法で撮影した場合、画面の面積が圧倒的に大きく、画像も鮮明になります。

 

このフィルムは、ノーラン監督の『ダークナイト』シリーズや『インターステラー』(2014)の他にも、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013)、『ハンガーゲーム2』(2013)、『ホビット 竜に奪われた王国』(2013)、『スターウォーズ/フォースの覚醒』(2015)などで部分的に使用されてきました。しかし、その多くはデジタルでの上映がメインとなりました。

全編をIMAX70mmフィルムで撮影し、その画面サイズ・解像度のまま上映された映画は、これまでにポール・トーマス・アンダーソン監督の『ザ・マスター』(2012)とクエンティン・タランティーノ監督の『ヘイトフル・エイト』(2015)の2作品だけ。

『ダンケルク』は、会話シーン以外のほぼ全てをIMAX70mmフィルムで撮影しており、このフォーマットでの上映も予定されています。

///////////////////////                            /////////////////////////                        /////////////////////

 

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

 

 

 

 

 

ポイント3

音楽

本作において爆発音やエンジン音、射撃音など音響も重要な役割を果たしているが、それは始終鳴り響く音楽にも同じことが言える。音楽を担当しているのは、「ダークナイト」シリーズ以降ノーラン監督作品を一手に引き受けているハンス・ジマー。「映画音楽の世界」でもたびたび紹介する名前だが、観客にとって今回の音楽ほど映画を観ていて「嫌になる」ジマーの音楽はないのではないだろうか。

バットマンはもとより『インセプション』や『インターステラー』でも、なにがしかと戦うキャラクターのために、あるいは観客の感情を扇動しようとヒロイックなフレーズが作られてきた。それがジマーの持ち味でもあったが、しかし本作ではその要素はほとんど顔を見せない。むしろ敵側の侵攻、或いは迫りくる死の恐怖を音楽で再現すように、追い詰められていく兵士たちをさらに逃げ場なく取り囲んでいくような音楽がほぼ全編にわたって(曲の切れ目が分からないくらい)流れ続ける。

ヒーロー性を排除することで誰かを特定的に援護する音楽ではなく、兵士全体を俯瞰し、圧倒的な映像に心臓を鷲掴みにされている観客にさらに緊迫感でもって迫っていく。そのために本作の音楽には、音が耳の中で上がり続けていくように錯覚する“無限音階”という技法が採用されており、またノーランの懐中時計の秒針音やエンジン音をサンプリングして音楽に取り込んでいる。その結果、リミットサスペンスに舵を切ったサウンドデザインで観客をダンケルクという戦場に叩き込むことになる。また、エドワード・エルガーの作曲によるクラシック曲「ニムロッド」をアレンジして要所に挿入していることも、イギリス側の視点に立つと一層胸に響いてくるかもしれない。

/////////////////////////                        /////////////////////////////                   ///////////////////

 

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

 

ポイント4

 キャスト

ノーラン監督作品の常連俳優といえば、『ダークナイト』シリーズの執事アルフレッド・ペニーワース役で知られるマイケル・ケインがいますが、映画『ダンケルク』には出演しません。

2005年の『バットマン・ビギンズ』から2014年の『インターステラー』まで、すべてのノーラン監督作品に出演しているケインが登場しないのは、2002年の『インソムニア』以来とのことです。
11.ハリー・スタイルズら若手を起用したのは必然だった?

監督のクリストファー・ノーランは座談会インタビューにて、今作でハリー・スタイズらの(ワン・ダイレクション)若手俳優を積極的に起用したわけを明かしています。

彼はハリウッドが30歳近い俳優を、本年齢より若い役にキャスティングする事が非常に多いとのこと。監督は、この映画の題材ともなっている「ダンケルクの戦い」に招集されたような、当時の兵士のように戦争を感じられる若者像を求めていました。そのためには、新人発掘が不可欠だったと語っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

////////////////////                                         /////////////////////                                ////////////////////

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

 

 

 

 

 

 

本作、ダンケルクはノーラン監督初の”実話”しかも戦争ものという今までのファンにとっては戸惑う部分があるのではないかと思います。そういう私もそうでした。。

 

 

 

しかしながら、ごあんしんを! これは間違いなくクリストファー・ノーラン監督の作品である。クールで、狂気的でラストに全てが繋がっていく見事な展開力。バッと広がるカタルシス。これぞ紛れもなくクリストファー・ノーラン印といえる。戦争映画をふだんからあまり観ない私でももぅ一度、二度観たい作品に初めて出会ったかもしれない。壮絶なる映画の体験を!!