1982年リドリー・スコット監督(エイリアンシリーズ他)の手により一本の傑作SF映画が誕生した

 

それが、

『ブレードランナー』

 

 

原作は、フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電機羊の夢を見るか?』

宇宙への移住が始まった近未来、人間は自分たちとよく似た人造人間(レプリカント)を奴隷として扱い過酷な労働を強いていた。自由を求めるレプリカントたちを処分する時に湧き起こる疑問「人間らしさとは何か?」を痛烈に問うた作品である。その退廃的な未来都市を描いたその革新的なヴィジュアルショックと新しすぎる脚本で今尚熱狂的人気を誇っている不朽の名作です。(中学くらいの時に観たのですが、全く理解できずw 寝てしまった覚えがあります💦)

 

 

、、、、、それから35年の歳月が流れ、完成したのが今作ブレードランナー2049 です。

© 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 

 

 

 

 

今作は「メッセージ」「ボーダーライン」のドゥニ・ビルヌーヴがメガホンをとっている。

 

率直な感想を言うと前作ブレードランナーのあの世界観、ぶっとんだ脚本 あれは超えられんだろう??と思っていた。しかしその考えは少し間違っていた。超えるのではない、シリーズの根底にあるテーマとして《人間と人造人間に差異はあるのか》というものがあるが、そこをブラすこと無く監督は30年後を描き切っている。以前よりも複雑に大胆に。

 

 

 

 

〜〜あらすじ〜〜

 

舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”K(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

 

 

 

今作からご覧になるかたはそれなりに楽しめると思うのですが、やはり前作、そして今作”2049″を製作するにあたって作られたという3本の短編”2022”、”2036”、”2048”(公式HPから観ることが出来ます◎)を観てから本作をご覧いただくことをおすすめします!!2019➡︎2049の30年間に起こった出来事が判りすんなり2049の世界に入っていけるはずです

 

© 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 

 

 

 

色々あるとは思いますが、『ブレードランナー2049』のストーリーで気になるポイントは

 

 

1.新たな主人公K(ライアン・ゴズリング)の活躍

 

2.前作で作り上げられた「あの世界観」は健在か?

 

3.音楽

 

 

4,デッカードはレプリカントだったのか?

 

///////////////                                        ///////////////////                                      ////////////////////

まず今作で主人公Kを演じるのはラ・ラ・ランドが記憶に新しいライアン・ゴズウェル

ゴズリングは、「ブレードランナー」が今なお世界中から愛されている理由について「悪夢のような近未来が描かれているのに、説得力があってリアルだし、現実に起こりうる話なんだ」と見解を述べる。「『ブレードランナー』はとにかく記憶から消えることがない作品だった。あの世界の残像を振り払うことはできない。現実的なのにロマンティックな夢を見ているような手法で語られていくんだ。時間の経過と共に、この映画の独自性が証明されていったと思う」。

ゴズリングが「ブレードランナー」に出合ったのは、14歳のときだという。当時を思い返し、「それまでの自分が見聞きしてきたものに、『ブレードランナー』がものすごく影響を与えていることに気づいた」と衝撃を語っている。ゴズリングの言葉通り、酸性雨が降りしきる陰うつな画面、日本語を含めたさまざまな言語が雑多に並び、東洋の文化が入り混じった未来像は、以降のあらゆる作品に影響を与えていった。

「ブレードランナー 2049」では、そういった世界観がさらに深化しており、スモッグが垂れ込める町の様子やネオンが光る店といった前作にも通じる描写だけでなく、広大な砂漠や雪原、謎めいた施設などが次々と登場する。その世界に生きる人々についても変化が訪れており、ゴズリングは「登場するのは前作以上に厳しく孤独な世界だ。その結果、ブレードランナーの仕事もさらに複雑になっている。Kは違法なレプリカントを見つけるために送り込まれる。そして、図らずも自分自身にとって重要な意味のある謎を発見してしまうんだ」と秘密のベールに包まれたストーリーの一端を明かしている。

 

今回ライアン・ゴズリング演じるブレードランナーKはブルーの瞳にどこか物憂げな影をまとうようなキャラ。そんなKについて「複雑さや孤独を十分に知る人物」とライアンは語っている。

///////////////////////////                          ///////////////////////////                         //////////////////

 

そして前作でも一度観たら忘れられない、あの鮮烈なヴィジュアル、映像、退廃的でハードボイルドな世界観は今作ではどうなっているのか??

 

前作とは趣の異なる映像美である。撮影監督ロジャー・ディーキンスによって作られた映像はどれも素晴らしく、一種の映像芸術として完成しています。撮影もほとんどセットを使用し、リドリー・スコット監督とは違うヴィルヌーヴ監督独自の未来世界を作り上げています。しかしながら、前作にあった、多国籍なヴィジュアル。日本の看板やアジアチックな屋台など前作へのオマージュといえるファンにはニンマリな場面もしっかり用意されている。

///////////////////////////                          ///////////////////////////                     /////////////////////

 

 

音楽に関しても同様です。前作で音楽を担当したヴァンゲリス 彼らの音は映画の退廃的で無機質な世界観を見事に表していた。

 

本作の音楽はもともと『プリズナーズ』『ボーダーライン』『メッセージ』でタッグを組んできたヨハン・ヨハンソンの予定でしたが、公開直前に降板し、結果的にベンジャミン・ウォルフィッシュとハンス・ジマーが音楽を手がけている。かれらもまた、新しくヴァージョンアップしたブレードランナーの世界観に、前作からのムードをちゃんと残しつつも新しい息吹を与えることに成功している!

 

© 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

そして、、前作から噂されていた、、、

デッカードレプリカント疑惑??

 

 

 

その真実は、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非ご自身の目でお確かめください!!!