いよいよ2018/12/15全世界同時公開となった『スターウォーズ・最後のジェダイ』シリーズのファンなら必ず観て欲しい作品となっています!ぜひ全ての真実をご確認ください。

 

© 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

 

 

 

まずは、、スターウォーズとはどいうお話かを

 

 

 

☆スターウォーズの基本あらすじ☆
辺境の惑星で奴隷の身分であった一人の少年アナキン・スカイウォーカーとその子供達の成長、銀河系の自由と正義の守護者ジェダイと銀河系の悪と恐怖の信奉者シスの攻防、そして、銀河規模の共同国家体銀河共和国から銀河帝国へ変わり、そして、帝国の圧制に対する反乱により再び復活した「新共和国」への変遷を描いた物語である。

 

 

いわゆるこれが『STAR WARS』そのもののざっくりしたあらすじです。<EP1~6>

その中に様々な人間ドラマや成長、恋愛、戦闘、個性的なキャラ、乗り物といった魅了的なエッセンスをまぶした壮大な冒険活劇なのです。

 

 

 

 

◎そして2015年公開のEp7フォースの覚醒へと繋がっていく。

 

シリーズ7作目となるスターウォーズ/フォースの覚醒はSF映画の金字塔にして世界中で愛され続ける人気シリーズの新3部作の第1章で、『スター・トレック』シリーズなどのJ・J・エイブラムスが監督を務めた。ジョン・ボイエガやデイジー・リドリー、オスカー・アイザック、アダム・ドライバー、旧シリーズのマーク・ハミルやハリソン・フォードらが出演。新たなエピソードの第1作として製作されました

 

 

 

ストーリーの舞台は前作のラストにあたるエピソード6の30年後。前作で壊滅的なダメージを受けたと思われた帝国軍は、その残党がファースト・オーダー(The First Order)として銀河の支配を企んでいます。一方銀河には新共和国が復活。しかしかつての規模ではなく、ファースト・オーダーに抗うためレイアの私設軍隊レジスタンス(Resistance)が存在、新共和国が手を貸しています。

銀河を救った英雄ルークは、ある出来事がきっかけで行方不明に。最高指導者スノーク、そして直属の部下であるカイロ・レン、ハックス将軍らファースト・オーダーは彼の行方を追っています。一方レジスタンスもルークを必死に捜索しており、その居所の鍵を見つけ、エースパイロットのポー・ダメロンを派遣しますが..?

砂漠の惑星で廃品回収をして暮らしてるヒロイン、レイ。彼女は「家族」の帰りを待ち続けています。そんな彼女は、ある重要な秘密を託されたBB-8やファースト・オーダーの脱走兵フィンに出会いファースト・オーダーとの争いに巻き込まれることによって思いがけぬ旅が始まります。
お馴染みの顔ぶれにファン興奮!

本作で監督を務めたのは、J・J・エイブラムス。彼は2006年公開『M:i:III Mission: Impossible III 』では監督・脚本を手がけたほか、2013年公開『スター・トレック イントゥ・ダークネス』において監督を務めるなど、経験豊富でマルチな才能の持ち主。

さらにシリーズの生みの親である、ジョージ・ルーカスはクリエイティブ顧問を担当しています。

また、最も注目されたのは豪華キャストの顔ぶれでしょう。懐かしさもひとしおの俳優陣はもちろん、新たに加わったフレッシュなキャストも多く期待値は跳ね上がります。ハリソン・フォード扮する、ハン・ソロがチューバッカととも帰ってくるということはファンにとっても最高の見所でした。

 

 

 

そして

 

いよいよ、

 

2017年、、

 

12月15日、、、

 

スターウォーズ/最後のジェダイ

 

が我々の前に姿を現します!!!

 

前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のラストシーンで遠い惑星に降り立ち、ルーク・スカイウォーカーを発見したレイ。

「いつも自分の内に何かが秘められている、それに気づいた時、私は助けが必要になる」と話すレイ。そしてルークと共に彼女は特訓をし、フォースを強めている様子が伺えます。そして、フィンがライトセーバーでキャプテン・ファズマと戦うシーンや、チューバッカが新キャラクター・ポーグと共にフライトをするシーンも!

何といっても、今作が遺作となったキャリー・フィッシャーがレイアに扮して、息子であるカイロ・レンと向き合うシーンはファンにとっては思わず涙が流れてしまう程にエモーショナルです。

そして、最後にレイが「自分の居場所や全ての事を教えてほしい」とカイロ・レンに話し、彼が彼女に手を差し伸べるシーンが印象的。タイトルの“最後のジェダイ”は、ルーク・スカイウォーカーを指していると監督は名言していましたが、レイは暗黒面に落ちてしまうのでしょうか……!?

 

 

 

 

 

みどころ① 初登場キャラが多数登場!!

© 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

ペンギンのようなフォルムにつぶらな瞳が特徴なとてもキュートなキャラクター前作『フォースの覚醒』で登場したBB-8の人気を脅かすかも!?なくらい愛らしいポーグの登場や、BB-8と対照的なヴィジュアルの新ドロイBB-9E、レジスタンスの女性整備士ローズ、レイア将軍の右腕的存在ホルド、そして謎の暗号解読者DJ(ベネチオ・デル・トロが演じてます!)などなど、初登場キャラ達が今作をかなり盛り上げています!少しローグ・ワンを彷彿とさせた部分もあったりとにかく他のシリーズにはないくらい今作は賑やかな印象です。

 

みどころ②ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナの活躍

© 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

 

前作はルーク・スカイウォーカーの登場で幕を閉じたのも記憶に新しいです。となると、今作のルーク・スカイウォーカーの活躍には目が離せません。

同時にルーク・スカイウォーカーを語るうえで決して忘れられないのがレイア姫の存在です。

ルークとレイアがどのようにしてつながっていくのか、注目です。

みどころ③光と暗黒の戦い

 

© 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

 

「ダークサイトに堕ちるのか、墜ちないのか」「善の心が残っているのか、いないのか」このような光と暗黒の戦いは今作でも観られます。レイはカイロ・レンからダークサイドに誘われ、カイロ・レンはレイによって善なる心を探られます。果たしてレイもダークサイドに堕ちてしまうのでしょうか。

はたまたカイロ・レンをダークサイドから救うことはできるのでしょうか。必見です。

みどころ④レイとカイロ・レンの正体

 

© 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

 

今作では、前作ではあまり語られなかったレイとカイロ・レンの正体についてスポットが当てられます。

レイの両親は一体誰なのか、カイロ・レンことベン・ソロはどのようにしてダークサイドに堕ちてしまったのでしょうか。

レイとベン・ソロはどのような関係性にあるのか、知りたいことはたくさんです。

サプライズゲストの登場

これまでのスター・ウォーズを見た方なら、確実にアガるあのキャラクターがサプライズで登場します。

今作もファンサービスはバッチリです。サプライズゲストに期待して鑑賞しましょう。

 

 

そして今作で脚本・監督を務めるのは、『LOOPER/ルーパー』や『BRICK ブリック』などで知られるライアン・ジョンソンです。長編映画デビュー作『BRICK ブリック』は2005年のサンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞しており、早くから注目されていた映画監督です。

『エピソード7/フォースの覚醒』でメガホンを取ったJ.J.エイブラムスは、今作では製作総指揮を務めています。

 

 

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のメインキャスト

デイジー・リドリー/レイ役

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でヒロイン・レイを演じ世界中を魅了したデイジー・リドリーはもちろん出演します。エピソード8では、ルーク・スカイウォーカーからジェダイの訓練を受けるということになるのでしょうか。

デイジー・リドリーは2016年に全米公開されるスタジオジブリアニメ『おもひでぽろぽろ』で主人公タエ子の英語版声優を担当しました。

 

 

オスカー・アイザック/ ポー・ダメロン役

ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックの続投が決定しています。ポー・ダメロンは反乱軍の主力戦闘機X-ウィングを操縦する優秀なパイロットで、物語のカギを握るキャラクターです。 オスカー・アイザックは2016年8月日本公開の映画『X-MEN:アポカリプス』ではヴィランのアポカリプスを演じました。

 

 

ジョン・ボイエガ/フィン役

メインキャラの一人フィンは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のラストで重傷を負い結局目を覚ますことはありませんでしたが、エピソード8『最後のジェダイ』への出演が決定しています。 ジョン・ボイエガは2017年公開の映画『ザ・サークル』で、エマ・ワトソン、トム・ハンクスと共演を果たしました。

 

 

 

 

 

アダム・ドライバー/カイロ・レン役

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でハン・ソロとレイア姫の息子であることが判明したカイロ・レンを演じるアダム・ドライバーも、もちろん出演。 アダム・ドライバーは『スター・ウォーズ』シリーズのほかに、2012年から続く人気テレビドラマ『Girls』にも引き続き出演、遠藤周作の小説が原作の映画『沈黙』では宣教師役を好演しました。

 

 

マーク・ハミル/ルーク・スカイウォーカー役

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のラストでついに姿を現したルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルももちろんエピソード8に出演します。

 

 

 

 

キャリー・フィッシャー/レイア役

キャリー・フィッシャー演じるレイアも、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に引き続ぎレジスタンスの将軍として登場します。残念ながら今作が遺作となってしまったキャリー・フィッシャー 今作をみると彼女がいかに素晴らしい俳優であることがわかるはずです。

 

そして最大のみどころ

「最後のジェダイ」とは

 

一体誰なのか??ってとこです。

 

 

 

 

副題になっているくらいですから語らないわけにはいきません。

 

ルーク?レイ?カイロ・レン?

様々な予想ができるでしょう。

「最後のジェダイが一体誰なのか?」

これは見どころのひとつです。

果たして今作で明らかとなるのでしょうか?

 

謎が謎を呼ぶ怒涛のパート8!!!ぜひその目でご確認ださい!!

 

 

 

 

 

 

〜〜スター・ウォーズ・シリーズ を観る上で知っておきたい用語〜〜

 

銀河共和国
その最高統治機関である銀河元老院を束ねる最高議長が執政の長を務める一種の議院内閣制をもって運営される。司法手段としては宇宙でもあまり存在しない超越的能力、フォースを会得した「ジェダイ騎士団」が銀河の隅々まで足を伸ばし、その高潔な精神と絶対的な力で様々な争いごとを調停する。要は銀河系をまるっと統治してるところ。

 

元老院
銀河共和国の最高統治機関であり、銀河中から代議員が集い、共和国の施政について協議する共和国の議会のこと。

 

フォース
エネルギー帯。生命体から無機質まであらゆるものを包んで満たしておりジェダイやシスの超常的な能力の源となっている。
生まれつきフォースに敏感な者は、目には見えないこの「エネルギーの流れ」を感じ制御して操作することが可能。ジェダイはフォースを使って正義を行う。ジェダイの用いるフォースは「ライトサイド(光明面)」と呼ばれる。一方でダーク・ジェダイは己の欲求を満たすためにフォースを悪に用いており、そのフォースも怒りや憎しみによって引き出される「ダークサイド(暗黒面)」のフォースである。
フォースは超能力。光と闇があってジェダイが光で闇がシス。

 

ジェダイ
宇宙にあまねく広がる神秘的なエネルギー「フォース」、及び高エネルギーの光線剣ライトセーバーを用いる、銀河系の自由と正義の守護者を指す。
ジェダイである人はジェダイの騎士/ジェダイ・ナイトと呼ばれる。ジェダイの騎士のうち一部はジェダイ・マスターと呼ばれる。簡単に超能力をもった正義の人達の事。

 

●シス
生物が創り出すエネルギーであるフォースを、ジェダイのように善の目的ではなく、自分達の私利私欲(支配欲)を達成させるために用いる銀河系の悪と恐怖の信奉者を指す。簡単に超能力をもった悪い人達の事。

 

●銀河帝国
銀河共和国の元老院最高議長にして、シスの暗黒卿ダース・シディアスでもあるパルパティーンが、陰謀によってジェダイを抹殺。元老院で帝政を宣言して成立した。独裁国家

 

 

●反乱同盟軍
モン・モスマ、ベイル・プレスター・オーガナ、ガーム・ベル・イブリスの3人がコレリアン協定に署名した。その際に結ばれた共和国再建同盟により結成された。巨大な銀河帝国に対するゲリラ攻撃を得意とし、王女レイアがリーダーとなり、軍事力の面で圧倒的優位に立っていた帝国を打ち倒す。

 

 

●デス・スター
銀河帝国の最終兵器。その大きさは直径120kmにもおよび、オルデラン級の惑星、現実の世界における地球と同規模の惑星を一撃で破壊することができる兵器「スーパーレーザー」が搭載されている。また、艦隊による妨害を排除するために数百機の艦載機と各種ターボ・レーザー砲により武装していた。