〜〜あらすじ〜〜

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

 

 

 

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのでしょうか―。

 

 

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤン・ジャビンスキと妻のアントニーナは、当時ヨーロッパ最大級の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいました。アントニーナは夫を手伝い、献身的に動物たちの世話をしながら幸せに暮らしていました。

しかしその年の秋、ドイツがポーランドに侵攻し、第2次世界大戦が勃発。同時にナチス・ドイツによるユダヤ人への迫害が始まります。ユダヤ人たちの悲惨な状況を見かねて、彼らを救い出そうと立ち上がるヤン。ドイツ兵に気付かれれば、全員、命はない。葛藤しながらも、アントニーナは夫と共にユダヤ人を救う決断をするのでした。

第2次世界大戦中、「全ての命を守りたい」という信念を貫いて300人ものユダヤ人の命を救ったアントニーナ。命あるものへの深い愛情と勇気を持った女性と家族の、実話に基づく感動の物語なのです。

 

 

 

 

 

みどころ①女性目線で描かれた戦争映画

 

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

 

 

 

 

この映画は第2次世界大戦中にナチス・ドイツに占領されたポーランドの動物園を舞台に、1人の女性の勇気ある行動を描いた実話に基づく物語です。戦時中、ユダヤ人を救おうと立ち上がったのは、オスカー・シンドラー、杉原千畝だけじゃなかったということです。しかも女性という点でがぜん興味が湧いてきます。

The Zookeeper’s Wife“(飼育員の妻)という原題のとおり、主人公は女性です。女性目線で戦争を描いているところが、よくある男性中心の戦争映画とは違う、珍しい切り口です。戦争の恐ろしさや悲惨さだけでなく、愛や命の力強さ、人間の気高さなど、普遍的なテーマについても触れられています。

主人公のアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)は、控えめで心優しい絵に描いたような「貞淑な妻」です。男勝りな部分は微塵もなく、ドイツ軍に盾突くようなことは絶対にしそうにない。そんな彼女が、「全ての命を守りたい!」と自分の命の危険も顧みず、ユダヤ人たちを救うために奮起し、夫が不在の時には一家のリーダーにもなるたくましさを発揮します。女性らしいしなやかさと内に秘めた意志の強さで困難を切り抜ける彼女の姿には、今の時代を生きる女性も共感できると思いますし、勇気や感動をもらえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

みどころ②主人公アントニーナが美しすぎる✨

 

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

 

 

 

 

 

主人公アントニーナを演じるのはジェシカ・チャステイン

この映画は、さわやかで美しいシーンで始まるものの、戦争に突入するやいなやドイツ軍がポーランドを占領し、ユダヤ人たちがゲットー(ユダヤ人の強制収容所)へ連行され、街は爆撃を受けて壊滅状態になるというかなりシビアな場面が盛り込まれていますが、しかしそんな中でも彼女の言動は常に優雅で、凛として乱れません。服装も花柄のワンピースなどフェミニンなものばかり・・・。アントニーナが美し過ぎるために、戦時中であることや彼女たちが非常に危険な状況に置かれているということをうっかり忘れてしまいそうになるのです。

作中、「普通そんな格好で動物の世話はしないから!」と思わずツッコミたくなるような服装でゾウのお産を手伝うアントニーナ。彼女のエレガントな装いには「戦争中だろうが何だろうが女性らしさを損なわない」という彼女の心意気が現れています。

また、この美しい人妻のアントニ―ナに興味を持ち、ちょっかいを出すドイツ人の動物学者クルッツ・ヘック(ダニエル・ブリュール)との駆け引きも見どころです。夫の留守を狙ってアントニーナを訪ねては、いろいろアプローチするダニエル・ブリュールの演技は気持ち悪いけどインパクトがあり、面白いです。

 

 

 

 

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

 

 

この映画では人妻を狙うゲス男として登場するヘックですが、実は動物学者としてはちょっとした有名人です。ベルリン動物園を経営し、絶滅したオーロックス(ヨーロッパの家畜牛の原種)を、交配によって復元するという学術的に大きな功績を残しています。

この映画には、ルッツ・ヘックの他にも、小児科医のヤヌシュ・コルチャックなど歴史的有名人がちょこちょこ登場しますので、探してみるのも面白いかもしれません。

 

 

みどころ3 <今明かされる知られざる実話>ポーランドにいた『女性版シンドラー』ユダヤ人を救った偉人

 

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

 

 

 

 

「すべての命は等しく、すべての命は守られるべきものである」とは、アントニーナの言葉だが、大戦当時以降で、今ほどこの真意に向き合わねばならない時代はなかったのではないだろうか。世界各地における民族紛争や難民問題、テロ、そして差別感情──押さえ込まれてきた数々の問題が、日本においても噴出している今だからこそ、命とはなにか、そこに優劣はあるのかと自問自答しなければならないのだ。本作を見る意味、それは単なる映画鑑賞にとどまらない重要さを持つのです。

 

 

 

 

 

 

つまり、、

『民族・差別問題が吹き荒れる時代に人間の尊厳を問う』 

 

 

 

 

<<シンドラー、杉原千畝、そして、“動物園”がユダヤ人を救っていた300人もの命を救った“勇気ある女性の知られざる真実”>>

 

 

 

 

 

 

 

ぜひごらんになって下さい。