あん
あん

@copy; 2015 映画『あん』製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

あん

11/10 – 11/30

樹木希林 最後の主演作。

撮影から宣伝、公開後のトークまで、

樹木希林さんが、全身全霊を以って作品とそのテーマを広く伝えようとされた作品です。

作品紹介

河瀬直美監督がドリアン助川氏の同名小説を映画化し、第68回カンヌ国際映画祭ある視点部門のオープニングを飾った本作。
刑務所から出所し、どら焼き屋「どら春」で働く千太郎(永瀬)のもとに、1人の老女・徳江(樹木)が雇い入れられる。徳江の作る粒あんがあまりにも美味しいと評判になったが、彼女がハンセン病を患っていたという噂が流れたことで店から去ってしまう。千太郎は彼女と心を通わせていた女子中学生・ワカナ(内田)とともに、その足跡をたどっていく。

製作:2015年 ドイツ・フランス・日本合作
監督・脚本:河瀬直美
原作:ドリアン助川 「あん」 (ポプラ社刊)
主題歌:秦 基博 「水彩の月」 (AUGUSTA RECORDSAriola Japan)
出演:樹木希林 永瀬正敏 内田伽羅 市原悦子 水野美紀 太賀 兼松若人 浅田美代子 他
上映時間: 113分