私たちの青春、台湾私たちの青春、台湾 (C)7th Day Film All rights reserved

私たちの青春、台湾

11/13~11/26

台湾という息吹の中で、ともに未来を描き、迷い、空っぽになり、

ともに理想求めもがく、“私たち”の青春の物語は、

何を問いかけてくるのか

作品紹介

台湾学生運動の中心人物・陳チェン・為廷ウェイティン、台湾の社会運動に参加する人気ブロガーの中国人留学生・蔡ツァイ・博芸ボーイー。やがて為廷は林リン・飛帆フェイファンと共に立法院に突入し、ひまわり運動のリーダーになった。“民主”が台湾でどのように行われているのか伝えたいと博芸が書いたブログは、書籍化され大陸でも刊行される人気ぶりだ。
 彼らが最前線に突き進むのを見ながら、「社会運動が世界を変えるかもしれない」という期待が、私の胸いっぱいに広がっていた。
 しかし彼らの運命はひまわり運動後、失速していく。
 ひまわり運動を経て、立法院補欠選挙に出馬した為廷は過去のスキャンダルで撤退を表明。大学自治会選に出馬した博芸は、国籍を理由に不当な扱いを受け、正当な選挙すら出来ずに敗北する。
 それは監督の私が求めていた未来ではなかったが、その失意は私自身が自己と向き合うきっかけとなっていく——(公式HP参照)

製作:2017年 台湾
監督:フー・ユー
出演:チェン・ウェイテン ツァイ・ボーイー リン・フェイファン 他
上映時間:116分