新型コロナウイルスの影響を受けて、豊岡劇場では以下の変更・対策を実施いたします。

尚、当劇場は「映画館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(令和2 年9月19日版)」」に沿って、感染拡大予防に努めております。

【9/19更新】政府の発表を受けて座席制限を一部緩和します

政府(新型コロナウイルス感染症対策分科会)から映画館を含む特定の施設で指定の条件下であれば収容率の緩和が可能という方針が発表されました。

それに伴い、豊岡劇場では現在採用している収容率50%、全席1席飛ばしの指定席制度を9月24日より段階的に緩和する方針です。

※9月22日(火・祝)までは現状の収容率50%、全席1席飛ばしの指定席制度を継続します。

◆豊岡劇場の対策内容(9/24以降)

豊岡劇場では新型コロナウイルス対策として以下を実施しております。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

<ご来場のお客様へ>
■施設内では必ずマスクの着用をお願い致します。
■チケット購入時に体温を測定させていただき、37.5°を超える場合にはご鑑賞をお断りさせていただきます。

■チケット購入時に座席を指定していただきます。席の移動は基本的にはお控えいただき、上映前であればスタッフにお声がけいただくことで変更が可能です。
■ご来場時には、手指の消毒をお願い致します。
■施設内では、大声での会話をお控えください。

同一グループ(家族・友人など)であれば最大5名まで隣り合わせの着席を可能とし、異なるグループ、又は個人間は最低1席分を着席不可(空席)にすることでソーシャルディスタンスを保ちます。

※この時、収容率50%を超える場合があります。

又、定期的に共用部分(扉の取っ手など)を中心に施設内の消毒作業を実施します。上映ホール内に関しても入替時にご着席いただいた座席とその周辺の消毒を実施します。

以上です。


とは言うものの現状、大ホール・小ホールのどちらにおいても1回の上映につき、ご鑑賞いただくお客様が概ね10名以内という状況が続いております。

この閉塞感が続く日常下で、映画という文化が誰かの救いなればと営業を続けてきました。緊急事態宣言を受けて営業休止中に販売した【豊劇応援チケット】や全国の映画館を救おうとクラウドファンディングを立ち上げてくださった【ミニシアター・エイド基金】のリターンである映画鑑賞チケットなどを積極的にご利用いただいて、この期間ならではの鑑賞体験をしていただければ幸いです。

今後もリスクが全くなくなることはないかもしれない。そのような状況下ではありますが、少しでも多くの方に映画館での映画鑑賞を提供し続けたい。

豊岡劇場はそう考えた結果、今回の決断に至りました。
どうかご理解のほど、よろしくお願い致します。

ご不明な点などは劇場までお問い合わせください。