上映作品

 この世界の片隅にこの世界の片隅に
(c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

この世界の片隅に

4/8~4/28

アンコール上映決定!!

100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション作品。

戦時中の広島県呉市を舞台に、
ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を追い掛ける。

作品紹介

第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが……。能年玲奈から改名したのんが主人公すず役でアニメ映画の声優初挑戦を果たした。

予告編はこちら

製作/国:2016年/日本
監督:片渕須直
原作:こうの史代
声の出演:のん ほか
時間:126分

公式サイトをCheck→

 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

4/22~5/12

孤独な少年と“キミョかわいい”こどもたちの不思議な友情と驚くべき冒険の物語を描く、

愛おしさに満ちたダーク・ファンタジー

作品紹介

「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が、ランサム・リグズによる全米ベストセラー小説「ハヤブサが守る家」を映画化し、人とは異なる奇妙な能力を持ったこどもたちが織りなす物語を描いたミステリアスファンタジー。周囲になじめない孤独な少年ジェイクは、唯一の理解者だった祖父の遺言に従い、森の奥にある古めかしい屋敷を見つける。そこには、美しくも厳格な女性ミス・ペレグリンの保護のもと、空中浮遊能力を持つ少女や透明人間の男の子、常に無口な双子といった、奇妙なこどもたちが暮らしていた。主人公ジェイク役は「ヒューゴの不思議な発明」で知られるエイサ・バターフィールド、ミス・ペレグリン役は「007 カジノ・ロワイヤル」「ダーク・シャドウ」のエバ・グリーンが務めている。

予告編はこちら

製作:2016年 アメリカ
監督:ティム・バートン
原作:ランサム・リグズ「ハヤブサが守る家」
出演:エバ・グリーン エイサ・バターフィールド サミュエル・L・ジャクソン
上映時間:127分
【日本語吹替え版での上映】

公式サイトをCheck→

 美女と野獣美女と野獣
(c)2016 Disney. All Rights Reserved.

美女と野獣

4/21ロードショー
ディズニー × 主演 エマ・ワトソン

それは、100年語り継がれるエンターテイメント。

“彼女”は信じていた。 かけがえのない自分を。

“彼”は探していた。 かけがえのない自分を。

作品紹介

今なお愛され続けている不朽のディズニー・アニメーション「美女と野獣」が、主演にエマ・ワトソンを迎え、ディズニー渾身の実写映画として新たに生まれ変わる。スケールやクオリティにおいて世界がディズニーに求めた全てを兼ね備えつつ、その予想や期待を遥かに超越した、100年語り継がれる史上空前のエンターテイメントの誕生である。

ベル役にエマ・ワトソン。野獣役にダン・スティーヴンス。 共演にはルーク・エヴァンス(ガストン役)、ユアン・マクレガー(ルミエール役)、エマ・トンプソン(ポット夫人)、イアン・マッケラン(コグスワース役)など、絢爛豪華な実力派スターが結集。そして、なんといってもディズニーの「美女と野獣」の魅力は、珠玉のミュージカル・ナンバー。アカデミー賞に輝いたアラン・メンケンとハワード・アシュマンによるアニメーション版からの歌曲に、アラン・メンケンとティム・ライスの黄金コンビによる3つの新曲が加わり、さらに華やかでエモーショナルな音楽が世紀の映像体験を約束してくれる。

予告編はこちら

製作:2016年 アメリカ
監督:ビル・コンドン(「シカゴ」)
出演:エマ・ワトソン/ダン・スティーヴンス/ルーク・エヴァンス
上映時間:113分
【日本語吹替え版での上映】

公式サイトをCheck→

 ぼくと魔法の言葉たちぼくと魔法の言葉たち
© 2016 A&E Television Networks, LLC. All Rights Reserved.

ぼくと魔法の言葉たち

4/29 – 5/12

2017年 アカデミー賞® 長編ドキュメンタリー映画部門ノミネート作品!

愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった――。

それでも“信じる”ことを諦めなかった家族は、やがて大きな奇跡を起こす。
愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー。

作品紹介

自閉症により2歳で言葉を失い、孤独な世界に閉じ込められた少年オーウェン。本作は、彼が家族の愛情とサポートのもと、大好きなディズニー・アニメーションを通じて徐々に言葉を取り戻していった様子と、障害を抱えながらも底抜けに明るく、前向きに社会と向き合い、自立を勝ち取るまでの姿をユーモアたっぷりに、そして感動の涙とともに描く傑作ドキュメンタリーだ。
メガホンを取ったのは、アフリカ系アメリカ人監督として始めてオスカーを受賞した経歴を持つロジャー・ロス・ウィリアムズ。劇中には映画に感動したディズニー社から異例の使用許諾を受け、ディズニー・アニメーションの名作たちが数多く登場して
いる。

予告編はこちら

製作:2016年
製国:アメリカ
監督 ロジャー・ロス・ウィリアムズ
原作 「ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと」(ビジネス社刊)
出演 オーウェン・サスカインド 、ロン・サスカインド 、コーネリア・サスカインド 、 ウォルト・サスカインド
時間:126分

公式サイトをCheck→

 ラ・ラ・ランドラ・ラ・ランド
(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

ラ・ラ・ランド

5/6~5/26

本年度アカデミー賞最多6部門受賞!

世界に興奮と熱狂を叩きつけた『セッション』の監督最新作は

観る者すべてが恋に落ちる、極上のミュージカル・エンターテイメント。

作品紹介

伝説の第2章が幕を開けた!アカデミー賞を含む50を超える賞を受賞し、日本でもかつてないブームを巻き起こした『セッション』から2年。デイミアン・チャゼル監督の最新作が完成した。世界が求める才能が新たに創り出した奇跡は、歌・音楽・ダンス・脚本――すべてがオリジナルの圧巻にして幻想的なミュージカルの手法を用い、リアルで切ない現代のロマンスを描くという離れ技。オスカー前哨戦と名高いトロント国際映画祭での観客賞と、「この途方もない傑作を前に、僕らはみんな絶望的な気持ちさ」と、自身の作品宣伝中に白旗を揚げたトム・ハンクスをはじめとする鑑賞した人々の熱狂に、各国メディアも“アカデミー賞に王手!”と話題騒然。
主人公の恋人たちには、共にオスカーノミネートを誇るエマ・ストーンとライアン・ゴズリング。ブロードウェイの舞台「キャバレー」の主演でもその歌声を絶賛されたエマは、本作でベネチア国際映画祭女優賞を受賞。徹底した役作りでジャズピアノを習得したライアンは、全編吹き替えなしの魂をこめた演奏で魅了する。この映画に恋せずにいられない最大の理由、それは、高揚と陶酔の先にある、観るもの全ての感情を揺さぶる予想だにしない大仕掛け、それこそが――、ようこそ、ラ・ラ・ランドへ。

夢追い人が集まる街L.A.(ロサンゼルス)。映画スタジオのカフェで働くミア(エマ・ストーン)は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから、二人の心はすれ違い始める…。

LA LA LANDとは

★ロサンゼルス、主にハリウッド地域の愛称。
★陶酔し、ハイになる状態を表す。
★夢の国。

予告編はこちら

製作/国:2016年/アメリカ
監督・脚本:デイミアン・チャゼル『セッション』
出演:ライアン・ゴズリング『ドライヴ』、エマ・ストーン『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ、ジョン・レジェンド『グローリー/明日への行進』、J・K・シモンズ『セッション』
時間:128分

公式サイトをCheck→

 残されし大地残されし大地
©CVB / WIP /TAKE FIVE – 2016 – Tous droits reserves

残されし大地

5/13~5/26

2016年3月22日、ブリュッセルのテロにて 他31名の犠牲者と共に命を落とした映画監督ジル・ローラン。

遺されたのは、彼がベルギーを離れてフクシマで出会った、故郷を思い、その土地とともに生きる家族の物語だった。

作品紹介

2016年3月にベルギーで起きたブリュッセル連続テロ事件で亡くなった映画音響技師ジル・ローランが、原発事故後の福島に生きる人びとをテーマに製作したドキュメンタリー。福島県第一原発から約12キロ離れた福島県双葉郡富岡町。11年3月11日の福島原子力発電所の事故のあと、町に残された動物を保護し育てるため、富岡町に残ることを決めた松村直登さんは、父とふたりで避難指示解除準備区域の自宅にとどまっている。半谷信一さんは、背後で除染作業が行われる中、穏やかに農作業をする。また、お彼岸の墓参りで仮設住宅から南相馬市の居住制限区域(当時)に一時帰宅した佐藤夫妻は、来年こそ故郷への帰還を先祖に誓うが、その手には放射能計測器があった。故郷に残る者、故郷に戻る者、戻らない者、淡々と進む日常生活の中でそれぞれが語る自然体な言葉から見える、故郷を失った人たちの今とこれからが描かれる。映画は、監督のローランがテロ事件で他界した後、プロデューサーや同僚たちの手によって完成。

予告編はこちら

製作:2016年
製国:ベルギー
監督:ジル・ローラン
プロデューサー:シリル・ビバス
出演:松村直登ほか
時間:76分

公式サイトをCheck→

 わたしは、ダニエル・ブレイクわたしは、ダニエル・ブレイク
© Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016

わたしは、ダニエル・ブレイク

5/20~6/2

イギリスの巨匠ケン・ローチ監督最新作。

2016年第69回カンヌ国際映画祭で二度目の最高賞パルムドールを受賞!

イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも助け合って生きる人びとの姿が描かれる、涙と感動の最高傑作。

作品紹介

前作の『ジミー、野を駆ける伝説』を最後に映画界からの引退を表明していた、イギリスを代表する巨匠ケン・ローチ監督。しかし、現在のイギリス、そして世界中で拡大しつつある格差や貧困にあえぐ人々を目の当たりにし、今どうしても伝えたい物語として引退を撤回してまで制作されたのが本作『わたしは、ダニエル・ブレイク』である。複雑な制度に翻弄され、人としての尊厳を踏みにじられ貧困に苦しみながらも、助け合い生きていこうとするダニエルとケイティ親子との心の交流が世界中を感動と涙で包み込み、カンヌ国際映画祭では、見事、『麦の穂をゆらす風』に続く2度目のパルムドールを受賞した。労働者や社会的弱者に寄り添い、彼らを取り巻く厳しい現実と、それでも今日を懸命に生きようとする人間たちを描き続けてきたケン・ローチ監督の集大成であり最高傑作との声が相次いでいる。長編映画監督デビューから50年。人間ドラマの名手の集大成にして最高傑作と絶賛される作品が、遂に日本公開となる

予告編はこちら

製作:2016年
製国:イギリス・フランス・ベルギー合作
監督:ケン・ローチ
出演:デイブ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ、ディラン・フィリップ・マキアナンほか
時間:100分

公式サイトをCheck→

 ターシャ・テューダー 静かな水の物語ぼくと魔法の言葉たち

ターシャ・テューダー 静かな水の物語

5/27~6/16

アメリカでもっとも愛される絵本作家
ターシャ・テュ―ダー

おおらかでユーモアたっぷりのライフスタイルと

心に沁みる言葉の数々を映し出した永久保存版ドキュメンタリー

作品紹介

2008年に他界したアメリカの絵本作家で、自然に囲まれたスローライフな生活スタイルが注目されたターシャ・テューダーのドキュメンタリー。関連書籍が60タイトル以上出版され、自然に寄り添った生き方や暮らしを紹介する展覧会が開催されるなど、日本でも広く愛されるターシャ・テューダー。NHKでは4度にわたり特集番組が制作・放送されており、今作は、そうしたテレビドキュメンタリーのために過去10年にわたって撮影されたライブラリー映像に、未公開の秘蔵映像や最新のテューダー家の様子も捉えた「完全版」として製作。米バーモント州の山奥のコテージで、老後の一人暮らしを謳歌したテューダーの知られざる人生や、人々を魅了する暮らしを映し出す。

予告編はこちら

製作:2017年
製国:日本
監督 松谷光絵
出演: ターシャ・テューダー、セス・テューダー、ウィンズロー・テューダー他
時間:105分

公式サイトをCheck→

 SING/シングSING/シング
© Universal Studios.

SING/シング

6/3~6/23

ユニバーサル・スタジオが贈る、

ミニオンズスタッフ最新作

ヒットソングや名曲が60曲以上!

歌のチカラで元気になれる、エナジームービー!

作品紹介

動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界――

取り壊し寸前の劇場支配人バスター(コアラ)は、かつての栄光を取り戻すため人生最大の歌のオーディションを開催する。主要候補は6名。極度のアガリ症のシャイなティーンエイジャーのミーナ(ゾウ)、ギャングファミリーを抜け出し歌手を夢見るジョニー(ゴリラ)、我が道を貫くパンクロックなティーンエイジャーのアッシュ(ヤマアラシ)、25匹の子ブタ達の育児に追われる主婦のロジータ(ブタ)、貪欲で高慢な自己チューのマイク(ハツカネズミ)、常にパーティー気分の陽気なグンター(ブタ)。

人生を変えるチャンスを掴むため、彼らはオーディションに参加する!劇中にはレディー・ガガの「バッド・ロマンス」や ザ・ビートルズの「ゴールデン・スランバー」など誰もが聴いたことがある60曲以上ものヒットソングが映画を彩る!

予告編はこちら

製作:2016年
製国:アメリカ
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ 『ミニオンズ』、ジャネット・ヒーリー 「怪盗グルー」シリーズ

声の出演(日本語吹替版):内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、

斎藤 司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、声の出演

上映時間:108分
【日本語吹替え版での上映】

公式サイトをCheck→

 ゴンドラゴンドラ
(C)2016 Teamゴンドラ All rights reserved

ゴンドラ

6/10~6/23

美しい映像と幻想的な色彩に透明なメッセージを封印して、

ひとりの少女の“心の対話の物語”を刻みこんだ伝説の映画『ゴンドラ』。

30年ぶりの再上映が決定!

作品紹介

話題性に頼ることなく、映画でしか成し得ない本当の独創性にこだわって、当時20代の若者たちの参加によって独立プロで製作し、1988年に劇場公開された劇映画『ゴンドラ』。
渋谷のホールで先行封切りというかたちで上映して反響を呼び、88年にテアトル新宿で劇場公開されて話題を集めた。2017年、オリジナル35mmフィルムおよびデジタルリマスター版で30年ぶりにリバイバル上映。メガホンをとった伊藤智生は、劇映画(一般映画)の監督作はこれ1作のみで、本作以降はAV界でTOHJIRO名で活躍。
古いけれど新しい・・・大事な忘れ物を思い出させてくれるこの映画を、ますます先が見えにくくなったこの現代に彷徨い、浮遊する、たくさんの“孤立する魂”に、今、あらためて届けたい。

予告編はこちら

製作/国:1987年/日本
監督・原案・脚本:伊藤智生
原案・脚本:棗耶子
出演:上村佳子 界健太 木内みどり 佐々木すみ江 佐藤英夫
上映時間 112分

公式サイトをCheck→

ムーンライトムーンライト
(C) 2016 A24 Distribution, LLC

ムーンライト

6/17~6/30

今年度ゴールデン・グローブ賞で作品賞を受賞、

アカデミー賞®では作品賞・脚色賞・助演男優賞(マハーシャラ・アリ)の3部門受賞。

世界が震えた感動作!

映画史に刻まれる、最も純粋で美しい、愛の物語。

作品紹介

マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描き、色彩豊かで革新的な映像美と情緒的な音楽で綴ったこの物語は、第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞を受賞、第89回アカデミー賞®では作品賞・脚色賞・助演男優賞(マハーシャラ・アリ)の3部門受賞したヒューマンドラマ。LGBTQをテーマにしたラブストーリーが作品賞を受賞したのはアカデミー賞史上初のことであり、まさに歴史に残る快挙となった。

本作は戯曲「In Moonlight Black Boys Look Blue(月の光の下で、美しいブルーに輝く)」が原案となり、長編2作目となるバリー・ジェンキンス監督によって映画化された。偶然にも戯曲家と監督は同じマイアミ出身で、麻薬中毒者の母親に育てられるという過酷な環境で育つ。エグゼクティブプロデューサーはブラッド・ピット。キャストには、主人公の母親を『007』シリーズのナオミ・ハリス、少年の面倒を見る麻薬ディーラーを人気ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」に出演するマハーシャラ・アリ。そして、主人公シャロンのそれぞれの時代を3人の俳優が演じ、同じ内面を感じさせる“目”を持つ3人が選ばれている。印象深く力強い目によって、シャロンというキャラクターが完成された。

予告編はこちら

製作:2016年 アメリカ
監督:バリー・ジェンキンス
製作総指揮:ブラッド・ピット
出演:トレバンテ・ローズ
アンドレ・ホランド ジャネール・モレイ

上映時間:111分
R15+

公式サイトをCheck→

あたらしい野生の地 リワイルディングあたらしい野生の地 リワイルディング

あたらしい野生の地 リワイルディング

7/29~8/11

まるで、動く生きもの図鑑。

オランダで70万人を動員した奇跡の自然保護区を追った、地球再生のドキュメンタリー

作品紹介

野生では絶滅した動物種を再び野に放つことで、その土地の生態系を復元しようとする「リワイルディング(再野生化)」を成功させたオランダの自然保護区を取材し、そこで暮らす動物たちの1年間を美しい映像でつづったドキュメンタリー。オランダの首都アムステルダムから50キロの海沿いに位置する小さな自然保護区「オーストファールテルスプラッセン」。1960年代に干拓事業を行ったものの失敗し、そのまま人々から忘れ去られていたこの土地には、わずか45年で命の宝庫ともいえる野生の王国が築きあげられていた。なかでも、リワイルディングの試みとして放たれたコニック(馬)たちは、人間の介入の外でこの土地に適応して順調に繁殖し、現在では2000頭を越える数が確認されている。人間たちが手放した土地で生態系が回復していく過程をつまびらかにすることで、自然と人間との新しい関係性を模索していく。

予告編はこちら

製作:2013年 オランダ
監督:ルーベン・スミット、マルク・フェルケルク
上映時間:97分

公式サイトをCheck→

 T2トレインスポッティングT2トレインスポッティング

T2トレインスポッティング

近日上映予定 

世界を熱狂させた伝説の青春映画『トレインスポッティング』、

待望の続編が21年ぶりに帰ってきた!

作品紹介

話1990年代ポップカルチャーを象徴する作品として知られる96年製作のイギリス映画「トレインスポッティング」の21年ぶりとなる続編。かつて仲間たちを裏切って大金を持ち逃げしたマーク・レントンが、20年ぶりにオランダからスコットランドに戻ってくる。そこでは、パブを経営しながら売春や恐喝で荒稼ぎするシック・ボーイや家族に愛想を尽かされたスパッド、刑務所に服役中のベグビーら、当時の仲間たちが未だに悲惨な人生を送り続けていた。主演のユアン・マクレガーをはじめ、監督のダニー・ボイル、脚本のジョン・ホッジら前作のキャスト・スタッフが再結集。いつまでも大人になれないダメ男たちが選んだ未来とは。

予告編はこちら

製作:2017年 イギリス
監督:ダニー・ボイル
出演:ウィリアム・ハート、ハーヴェイ・カイテル、ストッカード・チャニング
上映時間:117分
【R15+】

公式サイトをCheck→