//この世界の片隅に大好評上映終了〜ハリポタ最新作に、涙必至の家族の熱い絆の物語が上映開始\\

昨日で【この世界の片隅に】【THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEK THE TOURING YEARS】の上映が終了致しました〜。最後の最後の回まで本当に沢山の方々に観ていただきスタッフ一同感謝の気持ちで一杯です‼️

幅広い層にお越しいただきましたが、どちらの作品も年齢層としては60歳以上のシニア層の観覧が多く、それもまた凄く有難いことだなと感じております。
観ていただいた方々がSNSで宣伝して下さったりしてそうやって少しずつこの映画館も愛されていってるんだなあなんて感じたりなんかしてみたりなんかしています、、笑 本当にありがとうございます😊
さぁさぁ、そして本日からは【湯を沸かすほどの熱い愛】【ファンタスティックビースト】とノンストップで注目のラインナップが続きますよ〜〜っ🎞

 

 

今回フィーチャーするのは【湯を沸かすほどの熱い愛】//

 

まぁ〜泣けます。泣けてくる、男でしかも未婚の僕でさえ涙腺をズブズブ刺激されました。ゼヒハンカチのご用意を😢
余命宣告を受けた主人公が最期を遂げるまでに自らに課した使命を果たしていくというストーリー、、 そういえば以前にも似たような映画あったよなぁなんて思ってナメてかかったら完全にやられちゃいましたねぇ
今作で描かれる重要なポイント、それは”家族愛” 昭和の家族ドラマにも通じる泥臭い愛
宮沢りえが演じる肝っ玉母さんのまるで聖母マリアのような大きな愛、それは家族以外の人物にまで注がれ、ついには聴衆にまで及ぶ
しかし裏を返せばそれは自分の最期がわかっている”覚悟”を決めた人間だからこその行動のように思えてきます
物語は終始意外な程テンポ良く進んでいく、そのテンポの良さも主人公の”焦りを演出するのに重要な要素となっている。
抗えない死に直面しながらもなお生きたいと願う時、遂に放たれる主人公の一言に人間の脆さや儚さ、愛おしさそして美しさが滲み出ているように感じます


今作で主人公”双葉”を演じる宮沢りえ。ここ数年で名実ともに実力派俳優として頭角を現している。近年では舞台女優としても評価をあげ、今作でもキネマ旬報が選ぶ2016年主演女優賞に選ばれたりここにきて今ノッテいる俳優の一人である事は間違いない。数年前の『紙の月』のようなヨゴレ役も今作のような肝っ玉母さんのような役も俳優として熟されてきた今だからこそできたのかも知れない。
しかしそれに全くひけをとらないのが娘役”安澄”を演じる杉崎花(個人的なMVPはこの人)
内気で弱かった自分を脱して逆境を乗り越えて立派に成長していく姿を見事に演じ切っています
失礼ながら自分の認識だと某CMで美味しそうにごはんをほおばる女の子という印象しかなかったのだけど、憂いのある表情とナチュラルな演技で今後の活躍に注目したい俳優です

 

2/18 キタム

続・深夜食堂上映開始🔪〜鈴木常吉さんライヴ♪

  • いやしかしほんと今年の雪は強烈ですね〜☃️ 今日も出勤途中にバイパスにてトラックが立往生!男7.8人で押すという大事になりました。

やっぱり例年にない程の積雪を記録しているようですね😵もう降ってくれるなーーっ!と切に願うわけですが、そんな想いとは関係なく子供は楽しそうに遊んでましたとさ(笑)

 

そんなハチャメチャな気候ですが本日も豊劇はオープンしておりますよ🎬

 

 

そして昨日より【続・深夜食堂】が上映開始となりました🙌

 

それに伴い開催された鈴木常吉さんのライヴ、当初雪の影響が心配でしたが何とか電車も間に合い、無事に劇場へお越し頂きました^_^(本当に皆さん長旅お疲れ様でした‼️)

 

 

当初の予定より10分程遅れてライヴもスタート。テレビ版深夜食堂の主題歌『思ひで』は勿論披露。基本はギターの弾き語り、曲によりアコーディオンに持ち替えて演奏。独自のブルースの解釈で演奏されていた。声が、詞が突き刺さる。しかしそれが心地が良い!沁みる(ビートたけしや忌野清志郎も絶賛したという声)。酒呑みたい〜🍶くなるようなそんな一時間程のライヴでした。『HALLELUJAH』のカヴァー素晴らしかったなぁ。。(´-`).。oO


もちろん映画も今回も一癖あるお客の様々な人間模様と心温まるような料理が楽しめます🔪 毎回料理のチョイスが絶妙だよなぁ、 あーハラヘッタ(つД`)ノ

 

 

そしてなんとなんと、今回映画公開にちなんで豊劇と併設してあるレストランVIA DORITT豊劇店にて、期間限定で豚汁定食が味わえます!パンチが効いてて美味いっす! 映画のように心も体も温まりますよ◎ 是非ご賞味あれ(^_^)

2/11 キタ

『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』公開中です🎸

2/1より公開中の【ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK – THE TOURING YEARS – 】
初日から沢山のお客様にお越し頂いてます、ありがとうございます。
初日オンリーですが2階小ホールにてビートルズグッズの展示会を開催🙌

IMG_3493

IMG_3506

ビートルズファンの方の私物なのですがまぁマニアック!僕も少し見させて頂いたのですが、一日毎のレコーディング日記や、アルバム一枚に丸々焦点を当てそのアルバムに関する機材やインタビューを集めた本、ビートルズが特集されてる当時のイギリスの雑誌などなど、流石ビートルマニア‼️と唸ってしまう程でした(笑)

 

まぁそれくらいビートルズというバンドには魅力があるという事なんでしょうね☺️

 

 

 

今作【ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK – THE TOURING YEARS – 】ですが、監督にはダ・ヴィンチ・コードでお馴染みのロン・ハワード監督が担当しています。

 

この作品の最大の見どころはやはりライヴバンドとして元気が良かった頃の初期〜中期辺りまでのビートルズが存分に楽しめるところ。新たに手直しされた映像と臨場感あるサウンドが何より素晴らしく、ライヴ映像もふんだんに盛り込まれているのも嬉しい限り!

当時のファンの狂熱っぷりたらハンパない! バンドの音を食っちゃう歓声なんて今のジャニーズでもないんじゃないかな〜 とにかく凄いです

 

カルチャーや人種はたまた国までも巻き込んだビートルズという存在、劇中様々な有名人がインタビューに答えています。中でもウーピー・ゴールドバーグが言っていた事が印象的。ビートルズの前では”色”なんて関係なかった。皆が夢中になったの!

当時有色人種は激しい差別を受けていた時代。そうビートルズの音楽は世界を一つにするくらいのパワーを持っていた。

 

しかし度重なるツアーで、66年の公演を境に彼らはパタっとライヴ活動を止めてしまう。その後はスタジオワークに移行し数々の革新的、実験性に富んだ作品を発表していくのですが。。70年に解散。
活動歴わずか8年その間で発表したオリジナルアルバムは12枚、シングル22枚 映像作品4本 をリリース。(企画盤、編集盤、ヴァージョン違い、未発表などを含めると山のように存在するが) 曲の総数は278曲とまで言われている。

 

 

この映画、ビートルズを知らない今の子達が観たらどんな感想を持つのだろう⁇ 。。 時代は変わり今はこんな絶対的なスターなんて存在しない世の中。 こんな時代が確かにあったのだという事実、歴史を是非この軽快なポップミュージックに乗せて楽しんでみて欲しいと思います。
⏬⏬⏬
※本編終了後、映画館だけのボーナストラックが存在します。ハッキリ言ってこれが今回の最大の目玉‼️絶対に目撃して帰って下さい🙇もうシンプルにカッコイイんだから〜〜🎸🎸🎸🎸

2/4 きたむら

IMG_3050 IMG_3051 IMG_3052 IMG_3053

『この世界の片隅に』上映開始!

早いものであっと言う間に一月も終わり今日から二月!皆さま風邪など引いておられないでしょうか?僕はずっとなんだかグズグズと続いておりますが、、。体調管理だけはしっかりとしないとな〜と思う日々です(思うだけ、、w) そんな事で今回初投稿の豊劇プログ、ぼちぼち更新していくのでよろしくお願い致します^_^

さて、1/28日より当館で上映中の映画『この世界の片隅に』ですが、お陰様で連日沢山のお客様に足を運んで頂いております‼️誠にありがとうございます🎉 感謝!!

IMG_3475

クラウドファンディングで出資者を募り、上映映画館も当初の数より大幅に館数を増やし、キネマ旬報さんが選ぶ2016日本映画第1位を獲得するなどいまだに話題が尽きない当作品。上映前から連日SNSなどでも大プッシュされていて私自身も大変気になっていた作品ではありますが、皆様にも相当期待して頂いてたんだなぁと改めて感じております。普段自分のようにアニメーションムービーをほとんど観ない人間にとってもこの作品は素直に観て良かったと思える作品でしたね。戦争をテーマにした映画は数あれど、この映画が素晴らしいと思う点は、普通の日々、日常を生きる、生きていくというストーリーが、時代を超えて現代に於いても十分に当てはまる、今だからこそとても重要なテーマなのだという事を改めて考えさせてくれるところだと思います。劇中の主人公北條すずは様々な悲劇、困難に陥ります。それでも生きていく、ボロボロになりながらも必死に生きて行こうとする姿。この作品は、戦争映画を超え、人が人として生きて行くという事、それ自体がかけがえのないものなんだという事を私達に教えてくれているようです。人間賛歌と言っていいかもしれない。

主人公の声を担当したのはご存知あまちゃんでブレイクした能年玲奈改め、のんさん、そしてコトリンゴさんによる劇中曲、それら全てが作用してアニメーション映画でありながら重厚で懐の深い作品となっている。非常によく作り込まれている。そして台詞も素晴らしいんです。良い言葉が沢山聞ける。

幅広い層にぜひ一度観て頂きたい。それだけの価値のある作品だし意味のある作品です。感じ方は当然違うだろうけど、きっと観終わった後共通して”遺る”何かがあると思うんです。

 

僕はこの映画から人は一人では生きていけない、生きて行くのは辛いし厳しい、でもだからこそ大きな意味での愛の大切さを教えられました。僕たちはすずのような戦争体験をしたわけではない。でもこの映画を通して実際に体験されてきた世代と繋がることができる。この作品を残してくれた事に感謝せざるを得ないのです

2/1 きたむら