当劇場でも上映が決定している映画『実りゆく』の上映に合わせて、八木順一郎監督&出演されている橋本小雪さん(豊岡市出身・日本エレキテル連合)&中野聡子さん(日本エレキテル連合)の舞台挨拶が決定しました!

” 母親が他界してから笑わなくなった父親を笑顔にしたい “

長野県のりんご農家を舞台に、夢を追う息子と父親の絆を描いた物語。


上 映 作 品


©️「実りゆく」製作委員会

監督|八木順一郎(芸能事務所タイタン・マネージャー)
タイトル題字|太田光(爆笑問題
出演|竹内一希(まんじゅう大帝国)、田中要次、田中永真(まんじゅう大帝国)、橋本小雪(日本エレキテル連合)、小野真弓、太田光(爆笑問題)、田中裕二(爆笑問題)、他
主題歌|「By Myself Again」/GLIM SPANKY
制作年|2020年/本編時間|87分/配給|彩プロ
豊岡劇場での上映期間|10月30日(金)〜11月19日(木)

▶︎映画『実りゆく』公式ウェブサイト


舞 台 挨 拶 概 要


日程|10月31日(土)
場所|豊岡劇場(兵庫県豊岡市元町10-18)大ホール

▽当日スケジュール
9:50〜11:30 『実りゆく』上映開始
  トイレ休憩(10分間)
11:40〜12:40 舞台挨拶

※感染症対策としてゲストとの交流時間はご用意しない予定です。

チ ケ ッ ト


※こちらの舞台挨拶は9:50〜『実りゆく』の上映とセットとなっております。
 舞台挨拶のみのご観覧はご遠慮いただいております。

料金:映画『実りゆく』鑑賞料金のみ(当劇場の鑑賞料金

①事前販売
10月17日(土)9:30から劇場店頭でのみ
チケットを事前販売します。

②当日販売
舞台挨拶当日、9:30の劇場オープンと同時に
劇場店頭にてチケットの販売を開始します。

※事前販売・当日販売に関わらず同じ価格です。

ゲ ス ト


©︎『実りゆく』製作委員会

八木順一郎(やぎじゅんいちろう)

1988年生まれ 岐阜県出身
幼少期に観た怪獣映画の影響で、映画監督を志すようになる。中学2年で、家庭用ハンディカムを用い、初めて映画を制作。以降、高校卒業までに計13本の作品を制作する。
その後、日本大学藝術学部映画学科監督コースに進学。大学の卒業制作で監督した映画を機に、現在の勤務先 株式会社タイタンに入社。以降、爆笑問題、橋下徹、辻仁成、太田光代などのマネージャーを務める。
2016年には、マネージャーとしてテレビ朝日「お願い!ランキング ゴジラファンNo.1決定戦!」に出場。視聴者投票でゴジラファン1位の座を獲得した。
同じ頃、社内での映像制作事業に着手。日本エレキテル連合、脳みそ夫、まんじゅう大帝国など、若手芸人のライブ映像や、DVD収録用のショートフィルムを制作し始める。
2016年以降は、NHK「みんなの2020!バンバンジャパーン!」TBS「一番だけが知っている!」テレビ東京「新・美の巨人たち」など、社外のテレビ番組の制作ディレクターとしての活動をスタートさせる。
2018年「第3回MI-CAN 未完成映画予告編大賞」で、監督作「実りゆく長野」が堤幸彦賞を受賞、その後本編の制作が決定した。本作が、念願の初監督作品となる。

[映画『実りゆく』公式ウェブサイト参照]

日本エレキテル連合(左:橋本小雪さん、右:中野聡子さん)

日本エレキテル連合(にっぽんえれきてるれんごう)

橋本小雪(はしもとこゆき)1984年生まれ。兵庫県豊岡市出身。

中野聡子(なかのそうこ)1983年生まれ。愛媛県出身。

2008年に日本エレキテル連合としてデビュー。見るものにトラウマを与える狂気のキャラクターコントで、多くのファンを抱えるコンビ。2015年には“ダメよ〜ダメダメ!”で新語・流行語大賞の年間大賞を受賞。橋本は女優としても活動中「忘れてしまう前に想い出してほしい」(2017 RKB毎日放送)「私のおじさん」(2019 テレビ朝日)「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」(2019 テレビ東京)ほか、多数出演

[映画『実りゆく』公式ウェブサイト参照]

「ダメよ〜ダメダメ」が2014年流行語大賞を受賞!