先日10月14日に映画『ママ、ごはんまだ?』の上映に合わせて舞台挨拶をしていただいた、女優・河合美智子さんと監督・白羽弥仁さんが再び登壇決定!

最新作である映画『みとりし』の白羽監督と出演されている女優・河合美智子さんの対談。進行役・パーソナリティはFMジャングルから佐伯和亜さんをお招きして、撮影の裏話や脳出血から復帰された経験を持つ河合さんのお話などをお聞きする予定です。

 

—– イ ベ ン ト 概 要 —–

日程|11月17日(日)
場所|豊岡劇場 大ホール(兵庫県豊岡市元町10-18)
料金|映画鑑賞料金のみ(http://toyogeki.jp/tickets/)
上映作品|映画『みとりし』

●チケット購入方法
当日券のみの販売となっております。
ご予約・前売りはありませんのでご了承ください。
また席は全席自由席となっております。
当日券はイベント当日の開館(AM9:30)と同時に劇場カウンターにてお買い求めいただけます。

▽当日のスケジュール
12:40〜14:40 映画『みとりし』上映
14:50〜15:30 トークショー

 

—– 登 壇 者 紹 介 —–

◆河合美智子(かわいみちこ)


1983年、14歳の時に、相米慎二監督の映画『ションベン・ライダー』で主役デビュー。その後、数々のドラマ・映画に出演し、NHKドラマ『ふたりっ子』(96~97)で演じたオーロラ輝子として、1996年日本コロムビアから『まごころの橋/夫婦みち』で歌手デビュー。翌年1997年『第48回NHK紅白歌合戦』の出場を果たす。
主な映画出演作『恋人たちの時刻』(87)、『あ、春』(98)、『ごめん』(02)、主なドラマ出演作『卒業』(90)、『白い巨塔』(03)、『白夜行』(06)など。演技派女優として、映画、TV、舞台に幅広く活動している。

2019年6月 舞台『ナイル殺人事件』出演 (大阪ビジネスパーク円形ホール)〔劇団往来第50回記念公演〕
2019年7月 ロックオペラ『ライフパスファインダー2019』出演 (東京・吉祥寺シアター)
2019年 秋 全国公開予定 白羽弥仁監督作品 映画『みとりし』出演
********************************************************
2016年8月13日に映画のリハーサル見学中に
脳出血を発症し救急搬送。
言葉は1日で戻るも右半身麻痺が残る。
2016年9月27日に急性期病院から回復期病院に転院。
2017年1月10日に退院。

役者として映画・ドラマ・舞台などに復帰。タレントとしてもテレビ・ラジオ・雑誌などにも出演しながら【リハビリは楽しんだほうがいい】~脳出血を発症して感じたこと~というタイトルで講演活動も行っている。
2018年10月19日 兵庫県豊岡市に移住。

◆白羽弥仁(しらはみつひと)


1964年3月11日生まれ。兵庫県出身。日本映画監督協会会員、国際ファッション専門職大学実務家講師

日本大学芸術学部演劇学科卒。在学中に自主製作映画「セピア・タウン」(84)を監督、制作会社でのプロットライターを経て「She’s Rain」(93)で監督デビュー。

◆司会進行・佐伯和亜(さえきかずえ)

★ FMジャングル 76.4MHZ パーソナリティー 【ジャングルランチボックス】 月~水11:00~13:00

★ NPO 法人スマイルプラス理事長

★スキルUPセミナー 講師

≪ 主な仕事 ≫
FM 大阪/ニュースアナウンサー H 3 ~ H16

その他 特番 DJ、社告、CM 多数 和歌山放送/「おはようラジオ 渡辺和俊です」(月~木) ABC ラジオ/「ABC キャンパスステーション金曜日の卵たちへ」(金)

高校野球レポーター(平成 3 年 夏) ラジオ大阪/「スマイリング・ハイウェイいっきに土曜日」(土)

サンテレビ/「たじま情報わんさか」(火) 「金曜いきいきタイム」(金)

「ミュージック・フェスティバル」(平成 5 年夏) テレビ大阪/ゴルフ特番 ラウンドレポーター

その他 テレビショッピング・テレビ CM・ラジオ CM 出演多数 イベント・婚礼司会 600 件以上

 

【映画】
2008年「能登の花ヨメ」近代映画協会 監督
2015年「劇場版 神戸在住」アイエスフィールド 監督
2017年「ママ、ごはんまだ?」アイエスフィールド 監督・脚本
※第64回サンセバスチャン国際映画祭(スペイン)正式出品
2019年9月より全国公開「みとりし」アイエス・フィールド 監督・脚本

【ウェブサイト】
https://www.facebook.com/mittsshiraha
https://twitter.com/mittsshiraha

—– 上 映 作 品 紹 介 —–

みとりし

人生の最期、どこで旅立ちたいですか?
大切な人の最期、どのように送りたいですか?

交通事故で娘を亡くした58歳の柴久生。
喪失感の中で日々を過ごしていた彼が初めて知った”看取り士”という存在。
誰にでも訪れる最期の日々を支えるというこの仕事をセカンドライフに選んだ柴の、
「死」に穏やかに向き合う日々が始まる。

[『みとりし』公式ウェブサイト参照]

作品公式ウェブサイト▷http://is-field.com/mitori-movie/index.html