ブレス しあわせの呼吸ブレス しあわせの呼吸
(C)2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved

ブレス しあわせの呼吸

10/27~11/9

28歳で余命数ヶ月を宣告されて36年。

人口呼吸器と共に、世界一幸せに生きた男とその家族の奇跡の物語。

作品紹介

第71回ロンドン映画祭でオープニングを飾った本作は、1950年代にアフリカでポリオに感染した父親のロビン・カヴェンディッシュとその妻ダイアナの激動の半生を、息子であるジョナサン・カヴェンディッシュが自ら映画化した感動作。
ロビンは、首から下が全身マヒになり、人工呼吸器なしでは自力で息をすることができず、余命数ヶ月を宣告された。だが、思い出の中の両親は、笑顔とユーモアを絶やさず、外の世界へと飛び出していった。なぜ、彼は「世界一幸せ」だと胸を張れたのか?ポジティブかつエネルギッシュに人生を謳歌したロビンと、彼に無償の愛を注ぎ込んだ妻のダイアナ、支え続けた兄弟や友人たちとの絆が、『レ・ミゼラブル』の脚本家ウィリアム・ニコルソンの手腕により、感動的に描かれる。笑いや感動で、人々を幸せにする映画製作者として活躍するジョナサン・カヴェンディッシュの原点にもなったと言える真実の物語。



製作:2017年 イギリス
監督:アンディ・サーキス 
プロデューサー ジョナサン・カベンディッシュ『エリザベス』『ブリジット・ジョーンズの日記』
脚本:ウイリアム・ニコルソン『レ・ミゼラブル』『グラデイエーター』
出演:アンドリュー・ガーフィールド クレア・フォイ トム・ホランダー他
上映時間:118分