わたしはダフネ
8わたしはダフネ
(C)2019, Vivo film – tutti i diritti riservati

わたしはダフネ

8/20-9/2

ダフネが教えてくれる。大事なのは、自分を好きになること。人を信じること。

作品紹介

夏の終わり、父のルイジと母のマリアと三人で休暇を過ごしたダフネ。しかし、楽しいバカンスが一転、帰り支度の最中に突然マリアが倒れてしまう。すぐに病院に運ばれるが治療の甲斐なく、帰らぬ人に……。あまりに唐突すぎる母の死に、ダフネは泣き叫び、感情を露にする。ルイジはそんな彼女を心配し、必死に落ち着かせようとするが、ダフネは辛く当たってしまう。 場面写真マリアの葬儀が終わり、普段の生活へと戻る二人。ダフネは、元来の明るさと、勤務先のスーパーマーケットの同僚や友人の支えによって、少しずつ日常を取り戻していく。一方、気丈にふるまっているようにみえたルイジは、喪失感と不安で押し潰されそうになっていた。一家の精神的支柱であったマリアがいなくなってしまった今、ダフネと二人だけで、どう生活していけばいいのか。 場面写真そんな父の異変に気付いたダフネはある提案をする。それは、母の故郷コルニオーロへ歩いて向かう、ことだった……。(公式HP参照)

製作:2019年 イタリア
監督:フェデリコ・ボンディ
出演:カロリーナ・ラスパンティ アントニオ・ピオバネリ ステファニア・カッシーニ他
上映時間:94分