この世界の(さらにいくつもの)片隅にこの世界の(さらにいくつもの)片隅に
(C)2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

1/31〜2/20

誰もが誰かを想い

秘密を胸に優しく寄り添う

『この世界の片隅に』に秘められた

もう一つの物語

作品紹介

広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 そして、昭和20年の夏がやってくる――。(公式HP参照)

製作:2019年 日本
監督:片渕須直
出演:のん 細谷佳正 尾身美詞 稲葉菜月 小野大輔 ほか
上映時間:168分

UDCast 音声ガイド字幕