いつか、どこかでいつか、どこかで
(C)cinema drifters

いつか、どこかで

4/16-4/22

一人のアジア人女性が、

クロアチア・セルビア・モンテネグロを巡る、ロードムービー!

作品紹介

《いつか、どこかで》は映画流れ者(シネマ・ドリフター)を自称するリム・カーワイ監督が旅をしながら映画制作をおこなう、バルカン半島3部作シリーズの第2作目にあたる。前作はバルカン半島のスロベニアと北マケドニアを舞台に、トルコ系マイノリティー社会の風俗と感情を生々しく描いた。本作ではアジア人の女性バックパッカーの目を通して、バルカン半島の、歴史と変化に翻弄された人々の生活を活写したロードムービーとなっている。一人のアジア人女性が、クロアチア・セルビア・モンテネグロを巡る、ロードムービー! (公式HP参照)

製作:2019年 セルビア・クロアチア・モンテネグロ・マカオ・日本・マレーシア合作
監督:リム・カーワイ
出演:アデラ・ソー カタリナ・ニンコブ ピーター・シリカ他
上映時間:81分