水を抱く女
水を抱く女
© SCHRAMM FILM/LES FILMS DU LOSANGE/ZDF/ARTE/ARTE France Cinéma 2020

水を抱く女

7/2-7/15

官能的なバッハの旋律に乗せて「水の精」神話が幻想的に蘇るーー

ミステリアスな愛の叙事詩

作品紹介

ベルリンの都市開発を研究する歴史家ウンディーネ。彼女はアレクサンダー広場に隣接する小さなアパートで暮らし、博物館でガイドとして働いている。恋人のヨハネスが別の女性に心移りし、悲嘆にくれていたウンディーネの前に、愛情深い潜水作業員のクリストフが現れる。数奇な運命に導かれるように、惹かれ合うふたりだったが、次第にクリストフはウンディーネが何かから逃れようとしているような違和感を覚え始める。そのとき、彼女は自らの宿命に直面しなければならなかった・・・。 (公式HP参照)

製作:2020年 ドイツ・フランス合作
監督:クリスティアン・ペッツォルト
出演:パウラ・ベーア フランツ・ロゴフスキ マリアム・ザリー他
上映時間:90分