豊岡劇場での上映は今年で5度目。

映画『野火』の塚本晋也監督がオンラインでの舞台挨拶にご出演いただけることになりました。
作品の劇場公開から5年が経過した戦後75年目の今年、
塚本監督の思いを改めて聞くことのできる貴重な機会をぜひ、この機会にご体験ください。

日程|8月15日(土)
時間|9:50-11:30『野火』上映/11:30-11:50 舞台挨拶
料金|映画鑑賞料金に含む

※チケットは当日券を劇場カウンターにて販売します。
開館9:30から1日分のチケットをお買い求めいただけます。

◆ゲストプロフィール◆

塚本晋也(つかもとしんや)

1960年1月1日、東京・渋谷生まれ。14歳で初めて8ミリカメラを手にする。87年「電柱小僧の冒険」でPFFグランプリ受賞。89年「鉄男」で劇場映画デビューと同時に、ローマ国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞。主な作品に、「東京フィスト」、「バレット・バレエ」、「双生児」「六月の蛇」「ヴィタール」「悪夢探偵」「KOTOKO」「野火」など。製作、監督、脚本、撮影、照明、美術、編集などすべてに関与して作りあげる作品は、国内、海外で数多くの賞を受賞。北野武監督作「HANA-BI」がグランプリを受賞した97年にはベネチア映画祭で審査員をつとめ、05年にも2度目の審査員としてベネチア映画祭に参加している。俳優としても活躍。監督作のほとんどに出演するほか、他監督の作品にも多く出演。「とらばいゆ」「クロエ」「溺れる人」「殺し屋1」で02年毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。「野火」で15年、同コンクールで男優主演賞を受賞。その他に庵野秀明「シン・ゴジラ」、マーティン・スコセッシ監督「沈黙ーサイレンスー」など。他、ナレーターとしての仕事も多い。

[塚本晋也 公式サイト 参照]

『野火』オフィシャルウェブサイト
http://nobi-movie.com/