こんにちは!
8月30日から上映をスタートした『凪待ち』の見どころを劇場スタッフがご紹介👐

凪待ち

『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『弧狼の血』などエッジーでセンセーショナルな作品を世に送り続けている白石和彌監督注目の最新作。

今回も人間の核心部分をリアルに描いています。
最後の最後まで先の読めない展開で楽しませてくれますのでどうぞお見逃しのないようお願い致します!

白石作品の最大の魅力とは、やはり人間の本質や暗い部分をえぐりだし問題提起する部分にあると思います。
人間の狂気や、バイオレンスといったダークな部分を描くとき、ともすればアンダーグラウンドさから抜け切れなかったりジメっとした作風になりがちなところを、斬新でスタイリッシュな映像感覚とキャスティングの妙によりそれを回避し、見事エンターテイメント作品として昇華させる手腕は、確実に現在注目すべき映画監督の一人であることは間違いありません。

今作『凪待ち』においてもキャスティングの妙が光っています。それは主演を務めた元SMAPの香取慎吾の演技で顕著に現れています。

どこまでも救われない一人の悲劇の男を演じ切る姿は元国民的アイドルの面影を微塵も感じさせない熱演ぶり。ファンの方ならここまでボロボロになる香取氏を見たくないのかもしれない。しかしアイドルから脱し現在の年齢に差し掛かったからこそ一人の役者として実に説得力のある素晴らしい演技をしています。間違いなく本作は今後の彼の代表作として挙がることと思います。
その他、いまや白石作品の常連といえるリリー・フランキーや西田尚美など実力派が脇を固めており、物語を一層奥深く分厚いものへと仕上げています。

どうしようもない哀しみや喪失感、絶望。

人はそれらに直面した時、みずからの裸になってしまった魂はどこに向かっていくのか

ラストシーンの香取演じる郁男の表情を皆さんはどう捉えるでしょう。

胸をかきむしる、心揺さぶられる感情の交換の連続

ここにまた一つ邦画史に残る重要作が誕生しました。

 

—————————

映画『凪待ち』
【上映期間】8月30日(金)〜9月12日(木)まで

▽上映スケジュール
http://toyogeki.jp/schedule/

▽作品ウェブサイト
http://nagimachi.com/

—————————