こんにちは!
6月14日から上映をスタートした『兄消える』の見どころを劇場スタッフがご紹介👐

兄消える

現代の日本人が忘れかけてしまっている情愛や心意気、ダンディズムといったものを再び思い起こさせてくれるディス・イズ・”ジャパニーズ・クラシック”の誕生です。

往年の名優、ヴェテラン製作陣によってガッチリ作り込まれた本作は ” 超シニア世代に贈る ” という文句に偽りはなく、滋味深くそして人間とは…と深い余韻に浸ることのできる愛おしい作品となりました。

脇を固めるキャストの実力もさることながら、特筆すべきは兄の金之助を演じた日本を代表する喜劇俳優、柳澤槇一氏の演技。

真面目で堅い弟、鉄男(を演じる高橋長英氏ももうこの人しかいない!と思わせてくれる素晴らしい演技を魅せてくれる)に対しての軽やかで自然体でいながらも、どこか哀愁、物悲しさも感じさせる懐の深い演技は、昔も今も関係なく ” 粋な男 ” とはこうあるべきという手本を見せてくれているようです。

性格も生き方もまるで正反対の兄弟の微妙な ” 距離感 ” や、それぞれの ” 思い ” の対比が両者の熱演によってラストのワンシーンまで観ている人の心を掴んで離すことはありません。

兄消える

昭和から平成、その平成も終わり、時代は令和へと移り変わった今、若い人が観たら古臭く感じるであろうこの作品の持つ人間の美しさや尊さ、弱さ、温もりといった普遍的な部分は、だからこそ世代を選ばず観る価値があります。

” 人の心を動かすのは人の心だけ ”

そんな言葉が頭をよぎります。

大事に棚にしまっておいて、時折取り出してはまた観たくなる、 そんな作品がまたひとつ増えたのです。

劇場ロビーにはロケ地マップも設置◎
ご自由にお持ち帰りいただけます。前編を長野県上田市で撮影された本作品の舞台にも注目してみてください。

—————————

映画『兄消える』
【上映期間】6月14日(金)〜6月27日(木)まで

▽上映スケジュール
http://toyogeki.jp/schedule/

▽作品ウェブサイト
https://ani-kieru.net/

—————————

上映終了しました!

たくさんのご鑑賞ありがとうございました!