こんにちは。豊岡劇場代表の石橋です。本日は重要なお知らせがあり、皆様に豊岡劇場の現状とこれからをお伝えしたいと思います。

この二年間ほどのコロナ感染拡大により、大変な影響を受けておられる方々が多数おられると思います。私どももその一部であり、ポストコロナの世界でも、変革しながら何とか生き延びていきたいと言う気持ちは同じです。

しかし豊岡劇場は連年、多額の赤字続きで多少なりとも補助金で戻る金額があるといえ、既に一民間企業においての経営が厳しい状態です。

現在、劇場事業を再構築することでなんとか建物を守りたいと考えておりますが、弊社の映画館事業は今後の方針について決断をしなくてはいけない状況です。

そこで次の経営母体に引き継ぐことができない場合、2022年8月末を持って豊岡劇場は暫く休館することを決定致しました。

つきましては3月1日より、以下を実行・受付いたします。

■会員制度への入会とりやめ。

■2021年9月1日以降に当劇場の会員制度に入会された方々への入会費のご返金。
※返金を希望される方は該当の会員カードを劇場店頭までご持参ください。尚、返金した時点で有効期限内であっても会員カードは失効・回収します。また劇場店頭に来られない場合は下記問い合わせ先までご連絡ください。

■豊劇応援チケットのうち【有効期限が2022年12月31日】と記載されている使用しておられないチケットのご返金。
※返金を希望される方は該当の豊劇応援チケットを劇場店頭までご持参ください。尚、返金した時点で有効期限内であってもチケットは失効・回収します。また劇場店頭に来られない場合は下記問い合わせ先までご連絡ください。返金はチケットの金額分となります。[例]2,000円分としてご利用可能なチケットをお持ちの方は2,000円のご返金となります。

その他、今回のお知らせにおいてご迷惑をおかけする方々には個別に相談させていただき、必要に応じた対応をさせていただきます。また2014年のリニューアルオープンからこれまで約7年間の出来事、また今後の劇場についてのお話なども必要があれば下記までお問い合わせください。

《お問い合わせ先》

豊岡劇場 担当 伊木(いき)宛
メールアドレス|info@toyogeki.jp
電話番号|0796-34-6256

豊岡劇場を映画館として守っていきたいと言う気持ちには変わりません。

これまでにいろんな方々と相談し、社内でも時に激論を経て来ました。できれば、最も良い形で事業を継承していきたいと思っておりますが、私どもが続けてきた7年間の実績、配給会社様との関係性、地元の方々との関係性を大切にしていただける形で、次世代に繋いでいきたいという個人的な思いが強いのも事実です。

昨年の11月から始めたミニシアター映画配信サービスは、原則そのサービスを続けてまいります。そして次の経営母体に引き継いでいただくことを想定しております。変更などがありましたら、また改めてご報告いたします。

現在どのように映画館・豊岡劇場を残せるのか模索中であり、具体的にはNPO法人の立ち上げを考えております。また事業再構築補助金の申請を進めております。劇場を観光地化することで劇場を残せるよう、全力で取り組んでおります。ただし休館後も事業継承がうまくいかなかった際には、閉館と言う選択を選ばなくてはいけません。何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

皆様には、これまで多大なるご支援をいただいたにも関わらず、このような報告になり大変申し訳ありません。引き続き、しばらくの間見守っていただきますよう、何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。



豊岡劇場

代表 石橋秀彦
現場責任者 伊木翔