リトル・ガールリトル・ガール©AGAT FILMS & CIE ‒ ARTE France ‒ Final Cut For real ‒ 2020

リトル・ガール(字幕)

6/17-6/21

洞察に満ちた繊細なカメラで捉える、 家族の喜びの瞬間、直面する多くの課題―――幼少期の“性別の揺らぎ”に対する認知と受容を喚起する貴重なドキュメンタリー。

作品紹介

「彼女」と呼ばれたい、スカートを履きたい、ふつうの女の子として 扱われたい―。自分の望む性別を生きられない。7歳の少女が抱く、あたりまえの願い。 子どもの自由と幸せを守るために奔走する母の、ゆずれない闘い。(公式HP参照)

監督:セバスチャン・リフシッツ
出演:サシャ(本人)
製作:ミュリエル・メナール/共同製作:モニカ・ヘルストレーム/撮影監督:ポール・ギローム 録音:ヨランド・ドゥカルサン/助監督:フィリップ・ティオリエ/編集:ポリーヌ・ガイヤール サウンドミキシング :クリスティアン・セリン・エイドネス・アナスン/カラーグレーディング:イザベル・ラクロー 音響編集:トマス・イェーヤ、ジャック・ペダーセン
2020年/カラー/フランス/フランス語/85分/原題:Petite fille/英題:Little Girl 字幕翻訳:橋本裕充/字幕協力:東京国際映画祭/配給・宣伝:サンリスフィルム