映画『ボストン市庁舎』上映に合わせて、ゲストをお迎えしてトークイベントを開催します。

© 2020 Puritan Films, LLC – All Rights Reserved

作品についてはこちら ]


< トークイベント >

日 程|1月29日(土)

時 間|『ボストン市庁舎』上映 13:00 – 17:55/トーク 18:05 – 19:00

場 所|豊岡劇場 大ホール

料 金|トークイベントへの参加は無料

主 催|豊岡劇場/有限会社 石橋設計豊岡映画センター


< 料金について >

トークイベントのみの参加は無料です。

映画を鑑賞されていない方の参加も大歓迎です。
『ボストン市庁舎』の鑑賞料金は特別料金となっております。以下をご参照ください。

一般|2,800円
シニア・学生|2,500円(年齢確認できるものをご提示ください)
障がい者手帳をご提示の方|2,000円(手帳、もしくはアプリをご提示ください)
市役所割|2,200円(職員証をご提示ください)

※その他割引適用不可/ご招待券の利用不可


<ゲスト>

飛騨勘文(ひだのりふみ)|芸術文化観光専門職大学助教

イギリスのウォーリック大学にて博士学位(Ph.D in Arts Education)を取得。現在、芸術文化観光専門職大学助教。イギリスの劇場や大学院でこどものための演劇(児童演劇やドラマ教育、応用演劇など)に関する理論と実践を学ぶ。帰国後は、主に言語的・社会的・文化的差異があるなかでの芸術によるコミュニティの形成をテーマとする実践と研究を行なっている。また、英語圏の児童演劇の戯曲の翻訳、障がい児対象の参加型演劇の演出、演劇を導入した日本語・英語教育やコミュニケーション教育、異文化間教育、多文化共生教育などの教材開発や教員研修にも協力。主著:『多文化共生 人が変わる、社会を変える』(共著, 2018, 凡人社)、『小学校英語への専門的アプローチ』(共著, 2019, 春風社)、『コドモノミライ ―現代演劇とこどもたち―』(編著, 2019, 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館)。


義本みどり(よしもとみどり)|豊岡市議会議員

豊岡市議会議員(54歳)大分県中津市耶馬渓町出身。出産まで臨床検査技師として京都や和歌山の病院等で働くが、27歳の時に夫の転勤で、豊岡に来る。子育てで仕事を諦め、簿記1級、消費生活アドバイザーの資格を取得。35歳で消費生活相談員(非正規雇用の公務員)という仕事に就き、2021年3月まで19年間勤務。その間、多重債務や悪徳商法やネット詐欺などの消費者被害の解決にあたるとともに、学校や地域で消費者教育の講師として活動。また、在職中、宅建資格取得したり、相談業務で、生き辛さを抱え孤立している人が多いことを知り、働きながら大学で福祉を学んだ。


<お問い合わせ>

豊岡劇場

TEL|0796-34-6256
MAIL|info@toyogeki.jp
定休日|毎週水曜日