人生は小説よりも奇なり 人生は小説よりも奇なり
© 2015 – WHY NOT PRODUCTIONS – PAGE 114 – FRANCE 2 CINEMA

人生は小説よりも奇なり

6/18 – 7/1

されど愛しき我らが日々。

ニューヨーク、マンハッタン。39年間連れ添ったベンとジョージ。

彼らは結婚して、家もお金も仕事も失った。

それでもまるごと愛おしい、我らが人生!

作品紹介

画家のベン役に「愛と追悼の日々」ジョン・リスゴー、音楽家のジョージ役に「スパイダーマン2」のアルフレッド・モリーナ、さらにベンの親友の女流小説家には「いとこのビニー」でアカデミー賞助演女優賞に輝いたメリッサ・トメイと、実力派の名優達による共演は大きな見どころの1つ。「あぁ、結婚生活」のアナライザ・サックス監督が、洗練された節度のある演出で、彼らのドラマを丁寧に優しく紡して行く。そして本作のもう一つの主役と言えるのが、マンハッタンのクラッシックなアパートメントや、ブルックリンの屋上から見る景色など、随所に登場するニューヨークの街並み。また、ショパン、ベートーベン、ヘリリク・ヴィエニャフスキといったクラシックの名曲の数々たちが主人公の人生を優しく抱きとめる。

ストーリー

ニューヨーク、マンハッタン。39年来連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは念願かなって結婚した。周囲の祝福を受けて、二人の新たな人生は順調に始まるはずだったが……。同性同士の入籍が理由でジョージは勤務先をクビになり、これまで絶妙なバランスで保たれていた生活はいとも簡単に崩れてしまう。保険、年金、不動産……現実問題が次々と押し寄せ、二人は長年暮らしたアパートメントを離れ、新婚早々に別居を余儀なくされる。社会からの根強い差別と肩身の狭い居候生活に心が押しつぶされそうになりながら、ベンとジョージはありのままの自分を理解してくれる人がいることの幸福に改めて気づくのだった。

予告編はこちら

製作/国:2014/アメリカ
監督/脚本:アイラ・サックス
監督:ジャック・オディアール
出演:ジョン・リスゴー、アルフレッド・モリーナ、マリサ・トメイ、ダーレン・バローズ他
時間:95分

公式サイトをCheck→